ピクシブ百科事典

伝染歌

でんせんうた

伝染歌とは、日本で公開されたホラー映画。
目次[非表示]

概要

2007年8月に公開された、日本のホラー映画
聞いた人間の精神を蝕み、歌った人間に死を与える『伝染歌』が巻き起こす恐怖を描く。

企画・原作は『着信アリ』にて同一の役職を務め、AKB48でも有名な秋元康が手掛けている。
また、AKBが映画初出演を果たした作品でもある。

作中で歌われる伝染歌は映画の主題歌としても使われている。…殺しに来ているのだろうか?

世界観は『暗い日曜日』を元としている模様。

主な登場人物

夏野あんず(なつの・)
本作の主人公。トライアスロン部に所属する女子高生。
ある時、親友の少女が謎めいた歌と共に自殺するのを目撃し、部の仲間達と共に死の真相を探ることになる。
女子高生らしい軽い性格と、どこか影を感じさせる内気な心の二面性を持つ。

長瀬陸(ながせ・りく)
三流風俗雑誌の記者。
仕事の関係で伝染歌について追っていた所、あんずの親友の葬儀にて彼女に出会う。
当初はあんずに胡散臭がられていたが、後に共に恐怖体験に巻き込まれて協力する道を選び、歌の伝染を断ち切る方法を模索していく。

エンマ
陸の知り合いである霊能力者
人の心に巣食う闇を浄化し、それをもって邪悪を祓うという力を持つ。
作中では伝染歌を聞いてしまったあんずの救い手として、彼女の心に語りかけるが……。

五井道子(ごい・みちこ)
伝染歌による恐怖の裏に存在が見え隠れする、謎の女性。
自殺したと言われている歌手だが、世間の噂が先行しておりその実態は霞んでいる。
伝染歌の元凶とも、歌に乗じた殺人犯ともされ、『事件』の鍵を握っている。

関連動画



関連タグ

ホラー映画
 呪い
暗い日曜日

秋元康 AKB48

pixivに投稿された作品 pixivで「伝染歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1750

コメント