ピクシブ百科事典

暗い日曜日

くらいにちようび

聴いた人の多くが自殺してしまったといわれる曲。あまりにも自殺者が多発したためにこの曲は「自殺の聖歌」という異名を与えられ、当時の政府から発売禁止処分を受けたほどである。

1933年にハンガリーで発表された。原題「Szomorú vasárnap(悲しい日曜日)」。
女性が亡くなった恋人を想い嘆き自殺を決意するという内容の暗い歌詞と暗い曲調から
ハンガリーをはじめとする世界中の人たちがこの曲を聴いたあと自殺したらしい。
また、この曲の存在が広まり自殺ソングとしての批判も増えた頃、作曲者も自殺している。
原因としては、「強めのビブラートを音の頭からかけ続ける」という特殊な技法に
聴く人の精神を不安定にする効果があり、当時の誰にも精神的余裕がない時代背景が重なった結果、
元々疲れ果てていた心が完全に折れて自殺してしまった人が多数現れたという説がある。
元々の鬱な歌詞に心を不安定にする効果を持つ技法、心身ともに疲れ果てた時代背景が
重なった結果発生した悲劇だと言われている。

日本での扱い

この曲は世界中の多くの言語で多くのアーティストにカバーされており
日本語版にも様々な歌手が歌うバージョンがある。岩谷時子訳と浅川マキ訳の詞が有名。

浦沢直樹の漫画『パイナップルARMY』にはこの曲を扱うエピソードが登場する。

ゲーム『どうぶつの森』のとたけけのライブでこの曲をリクエストすると
レパートリーにはないはずなのになぜかメロディーが流れだすという都市伝説がある。

関連タグ

検索してはいけない言葉  楽曲  悲恋  日曜日 サザエさん症候群

pixivに投稿された作品 pixivで「暗い日曜日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55291

コメント