2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

沿革

1855年の日露和親条約で両国雑居地と規定され、1875年の樺太・千島交換条約でロシア領となった。
1905年にポーツマス条約の結果日本に割譲されたが、1946年にヤルタ協定に基づいて参戦したソ連が占領し、1951年のサンフランシスコ平和条約で日本政府はすべての権利、権原及び請求権を放棄した。

現在の日本政府は帰属未定地であると主張しているがロシア以外のいずれの政府も領有権を主張しておらず、日本国内でも広くロシア領として認められている。
また、無主地に対する先占は国際法で認められた行為である。

なお、日本社会党はかつて当地の返還を要求していた。

関連項目

サハリン 樺太

関連記事

親記事

サハリン さはりん

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました