ピクシブ百科事典

目次[非表示]

和文タイプライターとは、1915年に日本発明されたタイプライター…のような機械。
邦文タイプライターとも。

概要

日本で一般的に使われる仮名数字漢字など1000から機種によっては2000種類以上の文字を打てるタイプライターである。
そのように書けば何やらすごい機械に思えるが、実際に打ち込むのはキーボードではなく、1000字なり2000字が書かれた一覧表から入力したい文字をレバーで選択し、それを押し下げると印字されるというもの。
つまり英文タイプライターと違って会話テープを聞きながらタイプしたり、文章を考えながらタイプできるものでは無く、予め文章やレイアウトを決めたうえで活字で書かれた書類が作れるというものに過ぎなかった。

それでも、ワードプロセッサが普及するまでは、事務所などでの文章の作成は和文タイプライターか謄写版(ガリ版)印刷の2つが主流であった。

資格
何せ文字数が多いので使いこなすには訓練が必要で、技能を証明する検定試験は4つの団体が実施していた。
このうち2団体はタイピストを養成する学校の団体で、残りの2つは簿記検定を主催している日本商工会議所(日商)と全国商業高等学校協会(全商)であった。
現在は4団体すべての資格は廃止されている。

その他

片仮名か平仮名だけであれば一般的な構造のタイプライターも実現できる。
一般向けの機種で、通常の英文タイプライターに仮名タイプ機能を追加したような機種は存在した。
また、電電公社国鉄では電報用に片仮名と数字、何種類かの記号に機能を絞った機種が使われた。

関連項目

タイプライター

関連記事

親記事

タイプライター たいぷらいたー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「和文タイプライター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1014

コメント