ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

週刊漫画アクション双葉社)に1975年10月から1979年5月にかけて掲載された。

作者はどおくまん


南河内大学応援団親衛隊長青田赤道をはじめ個性的な面々が多数登場する。

基本的にコメディだが、青田赤道が相撲の全国大会に出場する話などシリアスな回もある。


今までに4回映画化されている。

昭和版が日活配給で1976年から1977年まで三作、平成版が1996年に公開された。


登場人物

青田赤道(あおた・あかみち)

該当項目を参照。


富山一美(とみやま・かずよし)

南河内大学1年生(⇒2年生)。

大学入学早々、無理やり応援団に入団させられた。何かにつけ青田に振り回されている。

作品の狂言回し的存在であり、青田の代わりに主役を張ることもある。


北口良一(きたぐち・りょういち)

富山の同級生。

刈り上げ頭と口髭がイカすアンちゃん。

そんな風貌だからか、痴漢を捕まえようとしたら、逆に疑われ警察に捕まってしまったことがあった。


久本みすず(ひさもと・みすず)

南河内大学の学生が世話になっている質屋の娘で、青田に惚れて追い回す。

青田がまるで歯が立たないほどの強キャラ。青田曰く「金太郎のバケモン」。

何とも強烈な見た目と語彙の持ち主だが、純情で一途。


剛田満(ごうだ・みつる)

南河内大学卒業生で応援団OB

応援団時代に乱暴者の先輩から後輩をかばったが、その際左目に大きな傷を負ってしまった。

人格者で何かと後輩たちの面倒を見ているが、そのドアホぶりには頭を抱えており、しばしば「団の面目丸つぶれ」と嘆く。


薬痴寺(やくちじ)

南河内大学卒業生で応援団OB。下の名前は不明。剛田より年下。

現役時代はしごきの鬼と言われ、後輩たちから恐れられた。

卒業後も時々視察に来ては相変わらずひどいしごきを加え、「役者やのう」と嫌味を言い放つ。ただし青田には通用しない。

勤務先の会社が倒産し関東だき屋台を引いていたが、衛生上ひどいおでんで廃業を余儀なくされ、剛田の紹介で再就職が決まった。


関連タグ

漫画アクション どおくまん

関連記事

親記事

どおくまん どおくまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46878

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました