ピクシブ百科事典

四丁目の夕日

よんちょうめのゆうひ

山野一初期の代表作。人間どう不幸になったってここまで不幸になれるものじゃない。

概要

町工場一家の悲惨末路と、大学受験を控えている長男「別所たけし」の不幸すぎる転落人生を描いた作品である。

伝説の漫画雑誌『月刊漫画ガロ』1985年6月号から1986年6月号まで1年間にわたり連載されたが、版元の経営難が原因で原稿料0円での連載だったという。

言わずもがな西岸良平の『三丁目の夕日』とは作者も作風も丁番も掲載誌も何もかも違う全く無関係の作品であるが、何故か間違えてこっちを読んでしまう被害者が後を絶たない。

単行本の出版後、内容が内容だけに中々再発されず入手困難な状況が続き、市場価格も一万円以上まで高騰するなど正真正銘の伝説的トラウマ漫画だったが、現在は扶桑社より文庫版が刊行されており、今もなお読み継がれ語り継がれるロングセラーとなっている。

特殊漫画家根本敬をして「山野一の描き出す不幸どん底は逆に大乗仏教的ですらある」と解説で言わしめた、まさに鬼畜系の古典的名作である。

関連タグ

山野一 ねこぢる 鬼畜系 電波系 悪趣味 月刊漫画ガロ

pixivに投稿された作品 pixivで「四丁目の夕日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224

コメント