ピクシブ百科事典

国際フォーレスト魔砲学院

こくさいふぉーれすとまほうがくいん

「Pixiv魔砲学園」の陣営の一つ。アト学のライバルを自称するエリート教育を主眼とした「魔砲学園」。
目次[非表示]

国際フォーレスト魔砲学院とは、ユーザー交流企画である「Pixiv魔砲学園」の中の勢力の一つである。

概要

アトランティス市開市から10年後に国際連合が主導で設立された魔砲使い養成機関「魔砲学園」のひとつで、「フォレスト」「森学(りんがく)」と略される。

以前は徹底的な管理主義・詰め込み主義的なエリート教育を行っていたが、現在の学長の方針で多少詰め込みはゆるくなっている。

国際連合が設立した学園であるため、国連・国連軍に多くの人材を送り込んでいる。

よく「アトランティス中央魔砲学院」と比較されることが多く、生徒間での対立もよく起きており、学長の方針も「アト学に負けるなー!!」と、実に単純である。

施設

アト学同様に魔砲の発現時期に応じて、幼等部(幼稚園)から大学院まで幅広い教育が施せるよう、アトランティス市内に4つのキャンパス(幼等部・初等部・中等部キャンパス、高等部・大学部・大学院キャンパス、研究棟+大図書館、学園本部)がある。

出来た時期が違うものの、学園本部以外は国連の支援がある為か、土地を上手に確保して密集してキャンパスが建てられている。

また、各キャンパスのスイーツは絶品であり、女子学生や近隣の奥様達にも愛されている。

主要人物(NPC)

【魔砲学園】コタツ・フォーレスト学園長【NPC】


小竜(こたつ)・ガンプ・フォーレスト学長(本部学長・18歳 ※実年齢は人間換算。人間換算の肉体年齢は10歳くらい)
魔砲「認識物爆砕(リコングニション・ボムブレイク)」を持つ、第3代学長。
フォーレストの学長は数年に一度、魔砲の実力のみで選ばれており、小竜は種族的の中では非常に幼い部類に入るが、その絶大な威力を持つ魔砲で学長になった。
幼い年齢で数千人の学生の頂点に立つ義務は、彼女に日々重いプレッシャーとしてのしかかっている事も否定できず、虚勢を張る事も多い。
魔砲以外の実力はまだまだ普通の学生並かそれ以下である為、魔砲以外は視察と合わせて初等部の授業を受けることもごくたまにある。


【魔砲学園】 レイラー副学長 【NPC】


レイラー副学長(本部副学長・年齢不詳)
フォレストの実務全てを学長に代わって仕切っている実務屋さん。
徹底的な効率主義者・管理主義者であり、幼い学長をいろいろとエゲツない手段で諌めながら、学園の伝統であるエリート教育を守ろうとしている。
ミッションでは、生徒達に指示を出すのが、主なお仕事。
所持している魔砲は「四次元魔砲」で、デバイスであるアタッシュケースに何でもどんな大きさのものでも1つだけ入れておくことができる。
また、入れたものは入れた時の運動エネルギーを維持して出てくる。


【魔砲学園】 シルヴィ生徒会長 【NPC】


シルヴァーナ・アルボレート生徒会長(高等部普通科3年・18歳)
シルヴィの愛称で知られる、友達思いで裏表の無いクールビューティーな生徒会長。
学内での人気は高く、熱狂的な親衛隊も多いとのこと。
並以上の実力者であるものの己の力は過信せず、価値ある者を味方に引き入れチームとして栄光を得ようと日々頑張っているようだ。
今は学校全体がチームであり、皆がそれぞれ活躍できるよう各方面へ色々便宜を計っているようだ。
所持している魔砲は「水流魔砲」で、水撒きレベルから砂等の細かい物質を混ぜてダイヤモンドすら切断するウォータージェット並みの水流まで自在に操れる。


その他

単位の認定に関しては、アト学と同じく厳しい部分はあるが、エリートクラス以外は学内での奉仕活動(かなりの労力は必要)等を条件として、ある程度の融通は利かせてくれる。

また、完全習熟度別編成の為、魔砲は大学院クラスなのに算数は小学1年生と言うことも起き得る。    

pixivに投稿された作品 pixivで「国際フォーレスト魔砲学院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 456148

コメント