ピクシブ百科事典

夏侯淵妙才

かこうえんみょうさい

夏侯淵妙才とは、『一騎当千』のキャラクター。

概要

CV:喜多村英梨

許昌学院の闘士。2年生。Aランク。4月19日生まれ。A型。170cm。B:90・W:59・H:89。
暗殺拳の使い手で、曹操のために闘う闘士。暗器を利用した戦闘が得意。故に、普段どこに居るかは曹操でさえ彼女の居場所を把握できない(郭嘉談)。
途切れ途切れで喋るのが特徴で、ほぼ無口で無表情だが、曹操に対しては一途。『GG』のDVD特典映像では違う表情を見せた。
曹操とは海外で傭兵となっていた頃に、ジャングルで出会った。曹操に対する忠誠心は、超雲からも「美しい」と評されているほど。
張飛や呂布など、倒した闘士の数は作中で一番多い。原作では趙雲との戦いの際に背中から于禁に刺され、瀕死の重傷を負う。

関連タグ

一騎当千
関興安国一騎当千がウリの三国志ゲームに登場する何だか雰囲気が似てる人物

pixivに投稿された作品 pixivで「夏侯淵妙才」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55171

コメント