ピクシブ百科事典

目次[非表示]

中国の小説『封神演義』に登場する仙人
本項では藤崎竜の漫画作品封神演義における太乙真人(たいいつしんじん)についても説明する。

概要

原作

崑崙十二仙のひとりで、乾元山・金光洞を同府とする。

玉虚宮からの命を受け、太公望を支援するために霊儒を作り李氏(李靖将軍の妻)に埋め込み、(本来なら死産になるはずだった)三男・李哪吒を生ませた。
哪吒が東海龍王の子を殺したことを悔いて龍王の前で自害すると、彼の遺体を引き取り人形に埋め込んでサイボーグ哪吒太子」として蘇らせ、以降は太公望に仕える立派な道士として育てるべく武術や宝貝術、学問などを教えた。
しかし哪吒太子が、「李靖が(龍王への忠義立てのために)自分のを荒らしていた」と知ってを飛び出し李靖をボコボコにしてやろうと、恐らく中国史初のDVを思い立ったのを知ると慌ててこれを追いかけ、宝貝九竜神火罩で哪吒太子を封じ、さらに李靖に玲瓏塔を与えることで「今度うちのバカ弟子がお父様にご迷惑をおかけしたらこれで存分に返り討ちにしてやってください」と謝った。

太公望文王に帰順してからは哪吒太子を周に派遣、自身も崑崙十二仙として周の易姓革命を支援する。

藤崎竜版

基本設定は原作と変わらないが、少年漫画化に際しかなりイケメン化されている。
哪吒の生みの親にして師匠であり、気さくな物腰でやわらかい話し方をする。
科学を得意とし、「さすが科学マニア!」と言われた際には「オタクの方がいいねぇ、科学オタク!」と自ら称していた。
哪吒にはよく新作宝貝を作っていたが、当の哪吒からはことあるごとに「コロス」と言われ追われていた。
太公望曰く「親バカ」。
哪吒の宝貝だけでなく、太公望のカラクリ義手や崑崙山2を作ったのも太乙である(勿論、そんな設定は原作にはない)。
原作同様に宝貝・九竜神火罩を持つが、ほとんど哪吒から逃げるために使っていた。

十二仙としては最も登場が早い。
仙人であるが、高所恐怖症で高い所でよく震えていたり、ハンモックで無防備に寝ていたり、ぐふふと笑ったり、カメラ目線が得意技だったり楊戩 と張り合って(?)いたり、道徳雲中子とあわせてイロモノ三仙と称されたり、あまつさえはミイラ化という無碍なまでにギャグ要素の強い描かれ方をしていた。


アニメ版キャストは阪口大助


関連イラスト

死ぬまでワクワクしたいのう
やばいくらい好き


封神本表紙
昔はあんなにかわいかったのに・・・


太乙
@宝貝ラボ



表記ゆれ

太乙真人

関連タグ

封神演義 哪吒

pixivに投稿された作品 pixivで「太乙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119628

コメント