ピクシブ百科事典

妖魔大帝バラオ

ようまたいていばらお

妖魔大帝バラオは、TVアニメ「勇者ライディーン」のラスボス。

CV:滝口順平

概要

妖魔帝国を統べる帝王で、1万2千年前にムートロンの力を欲してムー帝国に攻め込み、これを滅ぼした張本人。
物語開始時には地下神殿に鎮座する石像に封印されており、祭祀ベロスタンの呪文に呼応して化石獣を生み出していた。

しかし、27話でライディーンに敗北を重ねムートロン奪取を果たせぬシャーキンに怒り、制裁を加えた。
一命を賭して戦うと言うシャーキンの懇願に答え、最期の出撃をするシャーキンに力を与えた。

巨大化したシャーキンがライディーンに敗れ死亡した後、べロスタンの祈りでついに石像の封印が解かれ巨大な上半身を現した。(ちなみにべロスタンは神殿の崩壊に巻き込まれて死亡した。)

シャーキンに替わる新たな指揮官として、ヒマラヤの奥深くより豪雷巨烈を、ゴビ砂漠より激怒巨烈を呼び出し、彼らの指揮する巨烈獣を競わせ、勝った方を打倒ライディーンに出撃させるようになった。

ちなみに、巨烈獣が雌雄を決する闘技場は、バラオ自身の下半身で、バラオ自身が戦いの審判を兼ねていた。

ゴッドバードでは

ライディーンの続編であるゴッドバードでは肉体こそ滅びたが魂は滅びていなかったことが判明。
シャーキンやガルーダを復活させて再び地上支配へと動き出した。
ムー帝国にビクトリーチームが乗り込んでくると化石獣の軍団や奪い取った月のライディーンで攻撃を仕掛けた。
そして、復活したガルーダ達が敗北するとその魂を喰らい完全復活した。
憑依していた桜野マリを今度は人質にとることで苦戦させるものの最後はライディーンと月のライディーンが合体したエクリプス・ライディーンに敗北。
今度こそ消滅した








…かに思われたが
バラオの根たるワーバラオなる存在がいたことが発覚。
ベロスタンとワルキメデスを使い新たなるバラオを生み出すべく暗躍していた。
そして、この世界における人類最大の汚点が新たなるバラオへと覚醒した。

pixivに投稿された作品 pixivで「妖魔大帝バラオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 597

コメント