ピクシブ百科事典

孤独じゃないグルメ

こどくじゃないぐるめ

孤独じゃないグルメとは主に「こもれびのーと」が配布する同人誌「いっしょにゴハン食べたいッ」シリーズに付けられるタグである。 または幸福の一形態である。

孤独じゃないグルメに関する言説

 先日私はpixivにて、とあるタグ発見した。

 (中略)

 大意としては複数で食事を摂る事であるが、それは単に「食べる」という行為以上に、それを以て共同体への参加を許可(もしくは帰属を表明・強化)するといった社会的意味が付与された儀礼としての側面も有するのである。
 だがしかし、ただ複数食事を摂ればそれが幸福り得るのだろうか?

 今夏、私は数名の哀れな同僚と共に上司の嫌味とアテツケを聞きながらうなぎ丼をすという機会に恵まれたのだが、その食事はまるで新聞紙を丸めたような味がしたものである。
 眩しかった日のこと…あのの日のこと。

 (中略)

 ならば、例え冷えた握り飯だろうと隣にいる誰かが「おいしいね…赤くないほうがおいしいね」などと言いながら微かに微笑んでくれたのであればそれは何物にも勝る食事となるのではないのだろうか?


 先人の言によれば食事とは救われてないなければならないらしい。
 果たして救われているのは一体どちらであるか。これは思考の必要がない問である。これは今眼の前で「ワン」と啼いた毛むくじゃらの生物であるかであるか、それとも或いはメルマック星人ではなかろうか?などと煩悶するよりも明らかな問なのである。ならば我々は数学者マーク・カッツ博士の如く、ただ「自明である」と答えれば良い。

 しかしながら、社会的な生物である我々は過日の私のような状況に否応なく放り込まれる機会が多々あるものである。その際にかの上司の上に鎮座している、と物理的な連続性を失ったそれを杯に戦国傾奇者の如くを煽る、といった行為が許されないのであるならば、ただ伏してのような食事を食み続けるしか無いのである。それを厭うからこそ我々は孤独飯主義者の会と称し「孤高の食事こそが至高の行為である」などという妄言を吐くようになったのだ。

 (中略)

 話を元に戻そう。結論である。つまり、複数にて食事を摂る際に重要なのはその数や食事内容などではなく、「誰と食べるか」という事なのである。それは、を許した相手とすその行為自体こそが最上の「グルメ」であるという事を意味し、それこそが我々孤独飯主義者が求める幸福なのではないのだろうか。

                  【孤独飯主義者の会 (2011). 赤くないおにぎりを一緒に
                   べよう 飯の一粒, 冬号, 12-17. より一部省略の上抜粋】

pixivに投稿された作品 pixivで「孤独じゃないグルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248483

コメント