ピクシブ百科事典

学糾法廷

がっきゅうほうてい

『学糾法廷』は、『週刊少年ジャンプ』で連載が開始した、原作:榎伸晃、漫画:小畑健の作品。 本作品は小畑にとって、『バクマン。』以来2年ぶりのジャンプ連載作品になる。
目次[非表示]

概要

小学校を舞台に、いじめ体罰、クラス内のちょっとしたごたごたなど、学校内で起きた事件を子供の手で裁く「学級裁判」を巡る"仁義なき"法廷バトルを描いた作品。
読者には早くも何処となく、あの作品と非常に似ているとの指摘が入っている。

主要登場人物

犬神暴狗(いぬがみ アバク)

「反撃の証、整ったり!!」
「骨も残さず、俺が論破してやんよ・・・!!」


本作の主人公で小学6年生。12歳で弁護士資格を持ち、趣味は論破する事で、転校先の天秤小学校で転校早々、ゲーム機を持ち込んだことを注意した担任を論破し、周りを圧倒させた。

判月鳳梨(はんづき パイン)

「判月財閥の令嬢にして検察界の若きホープ!
 お金と頭脳に物言わせ、どんな悪でもキュートに滅す!!
 『美少女検事セーラーパイン』こと判月パイン参上!!!」

判月パインちゃん


本作のヒロインで小学6年生。判月財閥の令嬢で、検事資格を持つ。プリキュアキュアピースが好きで、法廷では、魔法少女風のコスプレ姿になり法廷に立つ。アバクと共に天秤小学校に転校してきた。

七星てんと(ななほし てんと)

第1話の事件以降、犬神暴狗の仕事を手伝っている。

魚住泳介(うおずみ えいすけ)

七星てんとの友達。

小鳥遊愛莉(たかなし あいり)

美少女アイドル。通称「アイリン」

畠山邦子(はたけやま くにこ)

「好きな子にイジワルしたくなるのは、男の子だけじゃないんだから・・・」
アイリンの友人。

用語紹介

  • 学級裁判制度

学校で起きたいじめや体罰と言った学級会で扱う問題を、一般の裁判同様に裁くために日本政府が始めた制度。全国の小中学校を対象にし、問題が発生した場合、国から検事と弁護士が現場の学校に派遣(転校)され、裁判を行う。法的拘束力を持ち、有罪になれば各種刑罰を受けることになり、証人も虚偽の証言をすれば偽証罪に問われる。

  • ベビー
学級裁判専任の裁判官の通称。裁判を公平に帰するために、幼稚園児が担当するが気苦労が多いため、全員老け顔という特徴を持つ。

  • 法科小学院(ロースクール)
学級裁判を担当する検事、裁判官の養成機関。

  • 鬼ヶ島小学校
裁判で極刑になった者が連れて行かれる学校で、「小学生の刑務所」の異名を持つ。過去にこの学校から独学で司法試験に合格した生徒が3人おり、その中にアバクが入っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「学糾法廷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34528

コメント