ピクシブ百科事典

少女革命ウテナ33話ショック

しょうじょかくめいうてなさんじゅうさんわ

アニメ『少女革命ウテナ』33話についてのネタバレ項目につき閲覧注意。 みんなのトラウマの1つ
目次[非表示]

貴方は知る覚悟をありますか?



















概要

33話 「夜を走る王子」

第3部・鳳暁生編のラストエピソードであり、同部の総集編を兼ねている。
ところで、『ウテナ』の各パート総集編は、第13話や第24話のような、回想シーンを多用しつつもその形式は独特なもので有名である。
それは本話でも同様だが、本話ではそれに加えてストーリーの根幹に関わる重大な出来事が予告なしに起こった。
しかもそれは、水曜18時のゴールデンタイムに放送していたアニメとしては、10年代以降のアニメ事情ではありえないような大事件である。

ストーリー構成としても大きなトリックが潜んでおり、最後の最後に大きな仕掛けが明かされる仕組み。
まずはストーリーを追っていって欲しい。

脚本は榎戸洋司、絵コンテは橋本カツヨ(細田守)が担当。
今第33話の展開により、それが根底から覆されることとなる。
(以下、ネタバレにつき閲覧注意)





ストーリー



「たった一人で、深い悲しみに暮れる小さな君。その強さ、気高さを、どうか大人になっても失わないで…」




夜の鳳学園理事長館・プラネタリウム。
投影機が起動し、天井に星空が映し出される。その中に、電話をかける姫宮アンシーの姿があった。


「もしもし…ええ。星を見てました。…本物の星は、見たくなかったんです」


「今夜の薔薇は、届きましたか?」



どこかのホテルの一室。窓からは遊園地の夜景が見える。
そこに、珍しくワンピース姿の天上ウテナがくつろいでいる。テーブルには薔薇の花束。
どうやら、近くの遊園地で遊んだ帰りらしい。
「姫宮も、来ればよかったのに…一人じゃ、こんなに楽しくないんだろうな…言ったことあったっけ?ボクが、一人っ子だったってこと…」


夜の道路。疾走する真っ赤なスポーツカー。
運転席には鳳暁生。
カーラジオからは影絵少女A子&B子がMCを務めるラジオ番組が流れている。

B子「ここでクイズです!ジャカジャカジャーン!」
A子「永遠のものって何でしょう?」
B子「それこそ永遠の謎ね~」
解答者として、ペンネーム「世界の果て」に電話する二人。

それこそ、運転中の暁生だった。
暁生「学校関係です。あと、ちょっとしたアルバイトもやってますが」

A子&B子「かしらかしら、ご存知かしら?」
A子「次の3つのうち、永遠のものはどれでしょう? 1、ダイヤモンド。2、美しい思い出。3、桃の缶詰」
だが、暁生はキャッチホンに出ると、仕事が入ったと言って、クイズを打ち切ってしまった。
A子「ええ~!?オンエア中なのにぃ~」
B子「仕事ってどちらの?」暁生「アルバイトの方」
道路に浮かぶ、無数の「止マレ」標識。




畳に寝転がりながら、客室のテレビを見ているウテナ。
モノマネバトルのバラエティ番組の行方を真剣に検討している。

…数刻後、ウテナは浴衣に着替え、髪を拭いていた。どうやら湯上がりのようだ。
いつも口うるさい生徒指導の先生について愚痴を言っている。
「まったくもう、うるさいったらありゃしない! あの先生、ミョウバンってあだ名ついてんだよ」
「その前は茶碗ってあだ名だったみたい。その前は…なんだっけ?なんだっけ…」
こちら側を向き、不安げに尋ねるウテナ。

ちゃぶ台の上に、食べ終わった夕食が。
「あ、いっけない! 朝のパン、出しっぱなしで来ちゃった。ビニール袋に入れておかないと、におい移っちゃうんだよね~」


再度ラジオからの電話に出る暁生。
クイズの第二問だ。
A子&B子「かしらかしら、ご存知かしら?」
A子「次の3つのうち、奇跡はどれでしょう? 1、エジソンの発明。2、王子様との出会い。3、シーラカンスの缶詰」
暁生「奇跡、そう、奇跡の力…」



見えない対戦相手とオセロをしているウテナ。
気さくに、料理についての世間話を一方的にだらだらとしている。
分量を間違えたり、レシピ通りにやったのに味が全然違ったり…。するとゲーム盤にも変化が。
「あれ? 逆転だ…」















































布団に入るウテナ。電気スタンドを消し、画面の方を見る。

暁生「奇跡というのは、毎日起こっているんだよ。みんなが気づかないだけでね」
A子「あの~ウンチクはいいですから、早く答えを言ってください…」
暁生「答え?」



寝そべっているウテナ。

「あのさ…今日は…こんなに遅くまで遊んじゃって……帰ったら、すぐに、明日のお弁当の用意しなくちゃ…」


「えっと…何がいいかな…鮭が残ってたから、鮭と…それから、アスパラゆでて…卵焼きは、さあっとやっちゃうとして…」


「いつもはほら、夕飯の残りでチャッチャッとやっちゃうからいいんだけど、姫宮と二人分あるし…」


「困ったな……どうしよう……何も思い浮かばないや……」


「鮭とアスパラと、あと卵焼きと……あと、どうしよう? どうすればいいかな? ……ねえ、何がいいかな?」


「サンドイッチとか……アスパラと鮭をマヨネーズであえて、ゆで卵をつぶして、……わからないな、どうしよう?」


「困ったな……他に、何かなかったかな? 思い出せないや…」


「あれも出しっぱなしだし……大丈夫かな? いつも、あれに入れて、冷蔵庫にあれ、しとくんだけど……今日は―――っ…」




「あの……永遠って、なん、ですか……?」




…半裸のウテナの左手を、褐色肌の男の右手が握っている。







夜道を車で走る暁生。何度目かの電話が鳴る。


暁生「アンシーか?」


アンシー「ええ」


兄と通話するアンシーの表情は、煌めく眼鏡に隠れて見えない(恐らくこの時のアンシーは ウテナに失望した瞬間だった)


暁生「そこで何をしていた?」


アンシー「星を見てました」


暁生「今夜はきれいな星空だ。わざわざプラネタリウムで見ることもないさ」


アンシー「本物の星は、見たくなかったんです。今日の薔薇は、届きましたか?」


暁生「ああ届いたよ、ご苦労だった」


電話を終えた暁生は、助手席、今夜送られてきた薔薇に向かって微笑みかける。



助手席に座っているのは、天上ウテナ。
その表情は、学園で活発に振る舞っているそれとは一変し、「女性」らしく、艶やかに煌めいている。


暁生「今夜の星は、美しかったね…」


ウテナとて、今夜はこうなるとは思わなかった。
今日はアンシーに、薔薇を暁生に届けるように頼まれただけだったのに…。


…二人を乗せた赤いスポーツカーは、全速力で夜道を駆け抜けていった。




















余談

本話は、平たく言えば、第3部でじっくりかけて暁生に誘惑され続けていたウテナが、ついに一線を越えてしまうエピソードである。
「守られるお姫様ではなくカッチョイイ王子様になりたい」と言っていた彼女が。
「強く、気高くあれ」と意識していた彼女が、である。
その彼女が、ラストシーンで「オンナ」と化した姿は全視聴者に衝撃を与えた。
また、放送コード的にも、直接的描写はないものの、いつもと違うウテナの仕草や、セリフの端々に隠されたメタファーで、
「それっぽさ」はいたるところで臭わせており、18時台で放送できたのが当時の奇跡のようなエピソード。
幾原監督曰く、「初めてを経験する女性は、こんなどうでもいいことを考えながらするものじゃないか、よくわからないけど」とのこと。
このパラダイムシフトによりストーリーは大きく動き出し、ウテナの「花嫁」にして暁生と関係しているアンシーやウテナに恋する冬芽をも揺るがせ、
怒濤の第四部「黙示録編」へと流れ込んでいくこととなる。



↑これが問題の動画、覚悟を持っているなら見てください



関連タグ


少女革命ウテナ 天上ウテナ 鳳暁生 姫宮アンシー お茶の間ブレイカー
みんなのトラウマ

関連記事

親記事

少女革命ウテナ しょうじょかくめいうてな

兄弟記事

コメント