ピクシブ百科事典

帝光理事長

ていこうりじちょう

漫画『黒子のバスケ』の登場人物である。

CV:秋元羊介(アニメEDクレジットでは「理事長」)

人物

私立帝光中学校の理事長を務める初老の男性。
有名私学である帝光中学の利益を第一に考える人物であり、そのためには手段を選ばない。
全中連覇を成し遂げたバスケ部の主力選手だったキセキの世代広告塔に利用するために、病に倒れた白金監督から監督を引き継いだばかりの真田一軍コーチにキセキの世代の特別扱い(「試合には必ずキセキの世代を出す事」等)を真田の抗議など耳を貸さずに厳命した。
キセキの世代を他の選手と分け隔てなく接した白金の遺した方針とキセキの世代の特別扱いの命令の板挟みに合うばかりでなく、キセキの世代の才能開花による部内の軋轢、綻びへの対処を全てこなすには真田は経験不足だった事が、やがて帝光バスケ部・キセキの世代崩壊へと繋がっていった。

関連項目

黒子のバスケ
帝光 帝光編
白金耕造 真田直人

豊玉高理事長スラムダンクのバスケ強豪校。学校上層部の意向でバスケ部を振り回した存在繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「帝光理事長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント