ピクシブ百科事典

真田直人

さなだなおと

真田直人は『黒子のバスケ』の登場人物である。(メイン画像・メガネの人物)
目次[非表示]

プロフィール

所属帝光中学バスケ部一軍コーチ→監督
身長179cm
体重65kg
誕生日3月24日(うお座)
年齢29歳
CV子安武人


人物

帝光バスケ部の一軍コーチを若くして務めていた眼鏡をかけた男性。
帝光の理念に適った厳格かつ実力重視の指導を行い、普段はめったに姿を見せない白金監督の代わりに練習の指揮を執っていた。
その為に、新入生などは真田を監督と誤認することが多かった。
やがて精神面が未熟なままに圧倒的な才能が開花して周囲と齟齬が生じていったキセキの世代に対し彼らを正しく導いていこうとした矢先にかねてから患っていた病に倒れた白金の後任として監督に就任するものの、白金が遺していった方針とキセキの世代を学校宣伝の広告塔としての特別扱いを厳命した帝光理事長との間で板挟みにあい、結果的にキセキの世代の崩壊・決別に至る原因を作ってしまう。
指導者として決して無能ではなかったが、キセキの世代の才能開花による周囲との齟齬、前監督と理事長の板挟みにあう状態を乗り越えるには経験不足であり、監督就任後は青峰への対応を誤ったり二重人格が完全に発露した赤司の暴走を止めることもできず、三連覇の偉業達成の裏で煩悶として時期を過ごすことになってしまった。

関連タグ

黒子のバスケ
帝光 帝光編
黒子テツヤ 虹村修造 白金耕造
キセキの世代 赤司征十郎 青峰大輝 黄瀬涼太 緑間真太郎 紫原敦 灰崎祥吾
桃井さつき

pixivに投稿された作品 pixivで「真田直人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1366

コメント