ピクシブ百科事典

白金耕造

しろがねこうぞう

「白金耕造」とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターである。(メイン画像・右記の人物)
目次[非表示]

プロフィール

所属帝光中学監督
身長176cm
体重64kg
誕生日12月3日(いて座)
血液型A型
座右の銘獅子縛兎
家族構成妻、息子
好きな食べ物エスプレッソコーヒー
趣味アマチュア無線
特技俳句
苦手な事目を見開く事
オフの過ごし方読書
注目している選手赤司征十郎
CV藤原貴弘


人物

虹村が主将を退いたことで後継に赤司征十郎を主将に任命した帝光中学バスケ部の元監督。
洛山高校の監督である白金永治とは親戚関係にあたる。
その外見は、整えた髭にスーツ姿という紳士的な中年男性である。

普段は、1軍コーチの真田に指導を任せて、体育館の2階から選手の練習風景を眺めている。公式戦が近づくと自ら指揮を執るようになるが非常に過酷な練習メニューである。その凄まじさはキセキ達が引くほど(青峰曰く「ただただ鬼のように厳しいだけ」)だが、本人は「若い内は何をやっても死なん」と豪語している。

数年前に患った持病により体調が思わしくなく、精神が未熟なまま圧倒的な才能を開花させたキセキの世代の将来を憂慮し、彼らを正しく導こうと決心した矢先、病に倒れ監督を退任した。
この退任は、キセキの世代が崩壊・決別する遠因となった。
また退任の理由が理由なだけにその後が心配されていたが、藤巻先生曰く『ちゃんと生きてます』との事。

関連タグ

黒子のバスケ
帝光編 帝光 真田直人 キセキの世代 虹村修造
 持病

pixivに投稿された作品 pixivで「白金耕造」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20320

コメント