ピクシブ百科事典

灰崎祥吾

はいざきしょうご

灰崎祥吾とは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物である。
目次[非表示]

「そりゃもうお前のもんじゃねえよ オレのもんだ」

プロフィール

所属福田総合学園高校1年生
身長188cm
体重78kg
BMI22.07
誕生日11月2日
星座蠍座
血液型B型
背番号6番
ポジションスモールフォワード(SF)
座右の銘弱肉強食
趣味ナンパ
特技カンニング
家族構成母・兄
好きな食べ物唐揚げ
得意教科保健体育
委員会やってない
苦手なこと虹村修造
得意なプレイ特になし
好きな女性のタイプエロい女
オフの過ごし方街をブラついてちょいちょいナンパ
バスケを始めたきっかけ何となく
注目している選手黄瀬涼太
必殺技強奪(スナッチ)
CV森田成一


人物

黒子のバスケ』169Qにて登場した、帝光中での元・五人目の選手。
黄瀬は中学二年から帝光バスケ部に入ったのだが、その時点で既に「六人目(シックスメン)」の黒子は一軍で活躍していた。即ち、黄瀬が入る前に、既に黒子以外の「五人」は一応揃っていたことになり、彼の登場によってその伏線が回収された。
帝光時代、黄瀬が一軍に上がった直後に赤司に退部を勧告され、自らバスケ部を退部する。
しかしなぜか高校生となった今でもバスケは続けており、現在は福田総合学園高校(静岡県)に所属している。ちなみにバスケを再開したのはとんだ暇潰しらしく1人1人キセキの世代の座を奪うことを狙っているからといったバスケに対する愛情もない非情な話である。しかし、アニメにてバスケを捨てきれない思いを表す描写もあった。1度バッシュを捨てたにもかかわらず、高校でも続けている点を含めると、バスケに対してキセキの座や暇つぶしだけでなく、思うところはあるのかもしれない。

ピアスを複数付け、コーンロウのような髪型をし、やや不良じみた言動をしている。
事実、中学の頃から練習や試合を仮病でサボる、外では多数の不品行暴力沙汰を引き起こすという素行の悪さだった。
性格も粗暴で自己中心的、本人曰く「人のものを見ると欲しくなる」という言わば強奪癖という風な面を持つ。
帝光時代、その実力こそ認められていながらも前述した素行や性格故に周囲との溝は深く、時に主将だった虹村が実力行使をして従えねばならない程だった。
その為、虹村や赤司には頭が上がらず、自身が退部する原因の一つとなった黄瀬を逆恨みしている。
赤司以外のキセキの世代のメンバーたちを下の名前で呼んでいる。
黒子に対しては他のキセキのメンバー同様その実力を認めており、自身を引き留めに来た際には悪態をつき拒絶しながらも黒子を気遣う素振りも見せており、暴力を振るうような真似はしなかった。

母・のみの母子家庭であり、帝光時代はサボっている際には一人家でゲームを嗜む様子が描かれた。

過去(帝光)と現在(福田総合)では髪型が変わりまるで風貌が違うが、同一人物である
カラーリングは他の帝光メンバーの主な特徴に合わせて、灰色の髪色で描かれることが多く、アニメで帝光時代の彼が登場した際の髪色は灰色だった。

能力

彼の能力は、その性格を反映したかのような「相手の技を奪う」というもの。灰崎自身も述べるように、黄瀬と似通った能力であると言える。

但し、似てはいるもののちゃんと異なっており、この技術の本質は「灰崎に真似された相手はその技を使えなくなる」というもの。正に強奪。
灰崎は相手の技を真似ると同時に、独自のリズムでその技を行い(改変といったところか)、結果、間近でその技を見せつけられた相手は自分の本来のリズムを狂わされ、その技を使えなくなってしまう。
本編では、海常のSG・森山が最初の標的になり、その変則シュートを奪われ、次の場面ではもう森山はシュートを外してしまっていた。
凶悪な技術だが、一歩間違えれば自軍の攻撃力すらダウンさせかねない諸刃の剣でもある。
また初期の黄瀬同様、自分の能力を超えるレベル、即ち「キセキの世代」メンバーの技術は強奪不可。

関連イラスト

奪いましょう、武力を
サヨナラバスケ




関連タグ

黒子のバスケ 帝光 福田総合
キセキの世代 八色キセキ 虹色キセキ
172Qショック
灰崎兄…小説に使用されているタグ

表記揺れ

灰崎

個別タグ

灰崎祥吾生誕祭2014 灰崎in誠凛

腐向けCPタグ

自身が攻め
灰黒 灰黄 灰赤 灰虹 灰石
自身が受け
黄灰 虹灰 キセキ灰 石灰

pixivに投稿された作品 pixivで「灰崎祥吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11521828

コメント