ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

人間の愚かさの性悪説に対して、人間は良い、優れたものと考える考え方。
通常はいわゆる、人間とは善良なものであるという、一種の人間賛歌的な考え方として使われる。
しかし、実際には下記にある通り、これは本来の使い方とは間違った使用法である。

本来の意味

元々、『性善説』という言葉は、古代中国の儒家の一人孟子によって唱えられた言葉である。
孟子は孟母三遷の教えや、孟母断機の故事が伝わるように、特に教育熱心な母によって育てられたというエピソードが多く残る人物である。
それ故にか、孟子の思想は主に人間の教育とは何か?を主題としていることが多く、この性善説もその主題に沿って唱えられた思想である。
つまり、これは本来、『教育論』として使われた言葉であり、人間賛歌的な意味での使用は大きな間違いである。
本来の意味の性善説とは、勉強することは自分自身の意思で行うことでより良い人間になれるという思想であり、エリート教育の理想を語っているのである。

関連タグ

性悪説 東洋哲学 諸子百家

関連記事

親記事

思想 しそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「性善説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7862

コメント