ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

性悪説とは人間は本性では「弱い存在」、とする説のこと。
よくある誤解として、本性を「悪」とする説がある。

紀元前3世紀頃(中国戦国時代頃)中国の思想家、荀子が「荀子「性悪篇」」の中で「人の性は悪なり、その善なるものは偽(ぎ)なり」と説いたことに由来する。

本文の解釈

社会集団など様々な条件下において、「弱い存在」を「悪」、「人が為す行い」を「偽」としている。
すなわち
「人間は本来弱い存在であるが、人による行いによって、誰もに対する利益(いわゆる公共の福祉)を意識することが出来る。」
と、人の教育の重要性を説いたという解釈が一般的。

余談

もともとは孟子の「性善説」に対して、唱えた意義。

その他の思想

性善説」:孟子が提唱した思想。
性無記説」:告子が提唱した思想。

悪とはなにか…弱さから生ずるすべてのものである。:思想では無いが似た意味合いをしたニーチェの格言。

コメント