ピクシブ百科事典

戦王丸

せんおうまる

戦王丸はメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル』に登場する丸魔神の一体。
目次[非表示]

概要

 魔神ドンゴロに倒された後、白龍の手により赤い玉へ変わった戦神丸の残骸がシバラクの一矢報いる思いに反応し専用テレカに変化。公衆電話に投入され戦地に召喚された。

 ご都合主義かも知れないが、何者かの手引きで機体が製作されたもので、核には歴代の剣部一族の長達の魂が込められている。

 大きな特徴は全身が分厚い装甲に被われ防御能力が向上し、自力で飛行する力を身に付けた事である。握力は通常の数倍、足力も空神丸並みの早さと言えばその凄さは判る筈である。


 『真』に於ける魔神山での戦いの後、皇帝龍の守護魔神として空王丸と共に秘蔵、封印され、新たな戦神丸のボディに魂を移された様である(『2』でのクラマが語った回想シーンで星界山へ飛び立ったカットがあるが、この事実を知らず作った為スタッフのミスと推測される)。

基本データ

 全高:3.68m
 重量:8.68t

 野牛シバラク流火炎×の字斬り
各種部位
 剣部豪刀【つるぎべ ごうとう】
  剣部一族の異端児豪衛門の刀に似ている切れ味が豪快な武器。
 刀部斬夢刀【かたなべ ざんむとう】
  一瞬の斬撃は夢の如く斬られた事に気付かない。
 三ッ槍【みつやり】
  背部に装備された槍。真名は『三日月の雫』と呼び、バトルゴリラなら一突きで三体貫抜ける。
 

関連タグ

魔神英雄伝ワタル
真魔神英雄伝ワタル-魔神山編-
戦神丸
鋼衣戦王丸
新星戦神丸

pixivに投稿された作品 pixivで「戦王丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581

コメント