ピクシブ百科事典

新字体

しんじたい

戦後の日本において簡略化された漢字の異体字。新漢字とも。
目次[非表示]

概要

戦後の日本において簡略化された字体。今日の日本で使われる漢字のほとんどはこれである。
新字体の多くは俗字・略字・筆写体が採用されているが、簡略化した結果既存の字と字形が被る、簡略化が不統一などといった問題点も指摘されており、また体系的な簡略化ではないとして批判される事もある。
一方で固有名詞は別扱いである事から人名・地名などでは旧字体や異体字の使用が継続されている。こちらの漢字は「人名用漢字」として現在も残っている。
また戦前まで使用されていた漢字は新字体と対比して「旧字体」と呼ばれる。

発表までの経緯

第二次世界大戦後の1946年、当時日本を占領していたGHQの占領方針として漢字の廃止が政府決定された。廃止に向けて、それまで当面使用される1850字の当用漢字を定めた「当用漢字表」が内閣告示された。また3年後の1949年に内閣告示された「当用漢字字体表」で新字体が本格的に使用され始めた(漢字の廃止自体は後に撤回された)。
公文書や書籍、新聞などでは戦前から部分的に使用されていたが、1950年代以降はほぼ完全に新字体に切り替えられた。


新字体の例

ここでは新字体の一例を示す。
一覧表はこちら → 新漢字・旧漢字対照表

旧字体新字体


簡略化の例外

新字体による簡略化は本来当用漢字または常用漢字のみに適用された為、「表外字」と呼ばれる常用漢字に含まれない漢字では現在でも旧字体が正式な物となっている。
例として「欅」「漿」「祓」が挙げられるが、これらは「挙」「将」「礻」といった既に簡略化された部分を含んでいるものの表外字である為簡略化は行われていない。

常用漢字の例

ただし、常用漢字でありながらも簡略化されなかった例外がある。ここでは、その一例を記載する。

  • 旧字体の字形のまま採用された字
    新字体旧字体簡略化された共通部分新字体にて簡略化されなかった字
    竜 滝龍 瀧
    独 触獨 觸
    仏 払佛 拂 
    遅 逸遲 逸 

  • 画数を増やされた字
逆に画数を増やされた字も存在している。「步」に関しては構成が似ている「少」と共通させる為であろう。
新字体旧字体「簡略化」された共通部分
歩 頻步 頻
巻 圏卷 圈

常用漢字外の漢字の簡略化

常用漢字に含まれない漢字(表外字)も、時々簡略化されて書かれる事がある。特に新字体と同じ方法で簡略化された物は拡張新字体と呼ばれる。なお、朝日新聞では独自に表外字の簡略化を行っていた時期があった。この時の字体は「朝日文字」と呼ばれる。

新字体旧字体簡略化された共通部分表外字拡張新字体に当てはまる字形
酔 砕醉 碎倅 悴 
売 読賣 讀

関連タグ

漢字 日本語 国字
旧字体 簡体字 繁体字
常用漢字 当用漢字 教育漢字 人名用漢字

関連記事

親記事

漢字 かんじ

兄弟記事

  • たかいあるいはさかいあるいはりゅう
  • ほんぶんかっこないをさんしょう
  • おうまたはわん
  • もっと見る

コメント