ピクシブ百科事典

新暗行御史

しんあんぎょうおんし

マンファ業界の最高傑作作品(2016年現在)
目次[非表示]

概要

韓国の漫画作品こと만화で第1号的に革命的な成功を得た記念碑的な作品。
小学館のコミック誌月刊サンデーGXで連載されていたファンタジー漫画。また、2004年には日本のアニメーション制作プロダクションOLMと韓国のキャラクター・プランによって作られた日韓共同合作劇場アニメが公開された。全17巻。

タイトルにある「暗行御史」とは、朝鮮王朝(李氏朝鮮時代)に実在した特別な官職。作品内においては、主人公の文秀(ムンス)が暗行御史を名乗っている。
作中の文明レベルは、西欧諸国が19世紀程度、聚慎は原始的な火砲はあるが携帯用の銃火器は普及しておらず、個人の武器は刀剣が主流であることから17世紀程度である。ただし、聚慎には西欧では一般的でない(失われた)魔法術が普及しているため、実際の戦闘では優劣は決めがたい。

ストーリー

遠い昔。東方に聚慎(ジュシン)という国があり、そこには「暗行御史(アメンオサ=あんぎょうおんし)」と呼ばれる隠密要員がいた。暗行御史とは、王の特使として秘密裡に地方を巡り、悪政を糾弾し庶民を救う特殊官吏だ。聚慎が滅んだあと、この暗行御史も消滅したと思われていた。だが実際には、一人の暗行御史が、いまだ浮世をさすらっていたのである。その暗行御史こそ文秀(ムンス)であった。

登場人物

(文秀)※読みはムンス

(声優)藤原啓治※劇場アニメ版

文秀


強大な統一王朝、聚慎滅亡後、諸国を旅する暗行御史。暗行御史の証である馬牌によって幽幻兵士(ファントム・ソルジャー)を召喚して敵を倒す。そのときの決め台詞は「暗行御史の出頭(おでまし)だ!」。
聚慎時代は、若くして軍の将軍を務め、最高位「伝説」の称号を授かる程の、数々の戦果を上げた。聚慎の王である解慕漱(ヘモス)とは同郷の親友で、二人で理想の国家を築こうとしていた。だが、かつての部下であり数少ない友人でもあった阿志泰(アジテ)の陰謀によって聚慎は滅亡してしまう。その後は、暗行御史となり、宿敵、阿志泰を追う放浪の旅に出る。
喘息のように呼吸困難に陥る病気に侵されているが、これは恋人だった桂月香(ケウォルヒャン)が患っていた病気を阿志泰の魔術によって身代わりになることで発生したもの。特殊な治療用パイプを吸入することで、一時的に苦しみから解放される。これが戦いなどで度々窮地を招く。
活貧党との戦いで瀕死の重傷を負い、持っていた曼陀羅華(マンダラケ)の鍼で仮死状態となり、夢や過去の世界に捉われるが生還する。その時に病気も完治するが、実は死期が刻一刻と迫る状態だった。そのため、死神と思われる影が見えるようになる。
かつては剣を得物にしていたが、上述の病による悪影響と過去の出来事から、聚慎滅亡後は銃を使うようになった。その腕前は高く、どのような体勢からでも動き回る目標の急所に寸分違わず狙いを定めるほど。
名の由来は李氏朝鮮時代の最も代表的な暗行御史である朴文秀(パク・ムンス)から。

(山道)※読みはサンド

(声優)小林沙苗※劇場アニメ版

sando


本名、春香(チュニャン)。山道とは、暗行御史を守る護衛の職を呼ぶ。華奢な外見に似合わずとてつもないスピードとパワーを持ち、大剣と爪付きの巨大な手甲を武器に戦う闘士。マントの下に、非常に露出度の高い、拘束具に似た衣服を纏っている。婚約者である夢龍(モンリョン)が暗行御史を目指し、その山道になる約束をしていたが、婚約者はモンスターのサリンジャーに襲われて死亡。亡き婚約者の意を継ぐため、文秀の山道になることを決意する。文秀には女性に見えているが、他の者には『虎』(統一新羅の説話に美女に化けた虎と貴族の青年の悲恋がある)に見えているようだ。
当初は圧倒的な強さを見せていたが、物語中盤から現れた強敵たちに苦戦し、強さを求めて放浪することになる。その途上で阿志泰に魅入られ、彼の仲間になってしまう。モデルは、朝鮮の古典『春香伝』に登場する成春香。なおCLAMPも同じ題材から漫画作品こと新・春香伝(1992年)を描いている。

関連イラスト

【切り絵】新暗行御史の山道
新暗行御史 将軍と側近



関連タグ

만화  梁慶一

pixivに投稿された作品 pixivで「新暗行御史」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18185

コメント