ピクシブ百科事典

日立シビックセンター

ひたちしびっくせんたー

平成2年に知的文化活動など多様に利用できる複合施設としてオープンした施設。
目次[非表示]

概要

茨城県日立市にある多用途ホール。
銀色(灰色)の大きな建物で、シルエットは原爆ドームに似ている。
階数は地上10階、地下1階で、上り下りにエスカレーターエレベーター階段(地下のみ)を利用する。

内部に天球劇場(プラネタリウム)、科学館図書館喫茶店(カフェ・ハルモニア)がある。貸し切り用の茶室、音楽ホール、会議室、料理室、トレーニングルーム、ギャラリー、マーブルホールなどもある。
建物の前の新都市広場は、大理石のテラスとみかげ石でできていて、噴水(広場の中央)、滝(広場の入口から見て左脇)、カラーシャドー(広場の入口付近)の設備があり、様々なイベント、撮影会が開催される。
夏には噴水が吹き出し、秋には秋祭りが行われ、クリスマスシーズンにはイルミネーションで彩られ、夜に祭りが開催される時には虹色夜間照明が煌めく。
建物内部の広場(入口付近)には『日立風流物』が展示されている。入り口付近の雑貨屋、天球劇場のミュージアムショップなど、おみやげ売り場も充実している。
建物の左上に丸い盛り上がりがあるが、天球劇場の天井である。
屋上は展望台(セレスティアルガーデン)になっていて、昔は網付きの滑り台、三角の噴水があったが、撤去された。

日立駅のすぐ近くにある為、日立駅の目印となる場所でもある。隣りにはイトーヨーカドーのオレンジ色の建物がある。
かつてはドムドムハンバーガーも駅の目印だった。

日立市制80周年記念事業として、2019年の9/1~10/31の2ヵ月間の間、入場料が無料になる。

関連リンク

『日立シビックセンター』オフィシャルサイト

関連タグ

茨城県 日立 日立市 日立駅
平成ライダー/令和ライダー…ロケ地として利用しており、東日本大震災後は放射線量を心配する声もあった。仮面ライダー鎧武 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』の撮影に使った発砲スチロールの柱は、撮影中の様子を載せたボードと一緒に、ご丁寧に建物の地下一階に展示されている。
奥日立きららの里…同じく平成にできた日立の観光地。

関連記事

親記事

日立市 ひたちし

兄弟記事

コメント