ピクシブ百科事典

時そば

ときそば

落語の噺のひとつ。 「今、何時(なんどき)だい?」

あのやろう、うまいことやって一文ちょろまかしやがった

江戸時代、時刻をあらわすのに2時間を一刻として0時が九つ、2時が八つと下がっていき、10時の四つになったらまた12時九つと呼んでいたことから

そば代を渡すときに一枚ずつお金を出していき、途中で「今いくつ(何時)だっけ」と聞くことで帰ってきた答えの分お金をごまかすお話。

「ひい、ふう、みい、よお、いつ、むう、なな、やあ・・おいオヤジ、今何時だい?」「へぇ九つでさぁ」「とお、じゅういち・・・」

といった具合。
ちなみにこの噺は「それを見ていた男がまねをしようとして早く出てしまい失敗する話」でもある。

「ひい、ふう、みい、よお、いつ、むう、なな、やあ・・・おいオヤジ、今何時だい?」「へぇ四つでさぁ」「いつ、むう、なな、やあ・・・」

また前半の「うまくだました男」がそば屋を褒めちぎり「気持ちよくだます」のに対し、「まねしようとした男」がだまそうとするそば屋が褒めようにもほめられないとんでもない店であったりする。

ちなみに、上方落語では「時うどん」という題名になっている。

お金を一枚ずつ渡す際の「今何時だい?」のやり取りが印象的で、様々な作品でネタとして用いられ続けているためか、「寿限無」や「まんじゅうこわい」と並び「元ネタの噺は見た(聞いた)ことが無いが、何故か誰もが(主に作中の要素を)知っている」噺のひとつとしても有名である。

関連項目

落語
蕎麦

外部リンク

江戸もファストフード大盛況。落語「時そば」は、けっきょく何時だった? スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

関連記事

親記事

落語の演目 らくごのえんもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「時そば」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207279

コメント