ピクシブ百科事典

棟方志功

むなかたしこう

棟方志功とは、日本の板画家である。青森県出身。

概要

1903年(明治36年9月5日生まれ、1975年昭和50年9月13日没。
青森県青森市にて生誕。版画家として知られるが、彼は版画を「板画」と呼称していた。また、版画ではない肉筆絵画も描いている。
 その中でもよく知られているのは、十万石饅頭のパッケージの絵(メイン画像はそのパロディ)であろう。これはまだ、1956年昭和31年)に日本人として版画部門で初めてヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞を受賞する前、昭和28年に描かれている。
 また大変な近視のために眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫っていた。その様子に関連した作品にもタグがつけられている。

外部リンク

十万石饅頭公式サイト

関連記事

親記事

画家 がか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「棟方志功」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168

コメント