ピクシブ百科事典

森田真由

もりたまゆ

森田真由とは、佐野妙による漫画「森田さんは無口」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:花澤香菜

概要

16歳、高校2年生、星座はおひつじ座。タイトル通り、本作の主人公である。
無口な女子高生。実は好きで無口な訳ではなく、思慮深く優し過ぎるために何を言うべきか考え込んでしまい、何も言えなくなっているだけである(作中では悶々とした彼女の胸中もほぼ全て心の声として表現されている。なので時折『無口なのにセリフが多い』と言われる。こうしたキャラクター付けも無口キャラの中では珍しい)。その上、母の教えを守り会話の際は相手の目をじっと見るので、相手によっては怖がられたりあらぬ誤解をされることもある。

性格

働き者で細かいところにもよく気がつき、思いやりのある性格。聞き上手で決して人付き合いも悪くないので、女子からの人気も高い。非常に穏やかでもあり、怒ることはほとんどないが、本気で起こらせると怖いようだ。(親友の美樹が知る限りでも、本気で怒ったのは過去に1度だけらしい)

その他

  • 「口が硬そう」と思われているため(実際硬いのだが)クラスメイトの女子達から相談を持ちかけられることも多いらしい。また物言わぬ彼女の振る舞いの数々は男心を刺激するらしく、男子生徒たちの妄想の種にもなっている。
  • 教科系の科目は得意だが、家庭科や体育などの実技系は「水泳」の「潜水」を除いて苦手。球技では考えすぎて上手く動けず、マラソンをやった翌日は筋肉痛でまともに歩けず、調理実習ではレシピを思い出すのに手一杯で周りが見えず、裁縫でも縫い針を指に刺して傷だらけとまさに壊滅的。不器用なので折り紙も苦手。(ちなみに不器用は母譲り)
  • 何故か故意、過失を問わず多くの人物にセクハラされる。


山本さん「ムラムラする!」
メガネ娘「真由ちゃんハァハァ」
雪乃姉さん「今パンツ何はいてるの?」
美樹「むりやり いれて やる! おりゃーっ!(ズボォ!)」

森田さん「解せぬ(´;ω;`)」

家族、友人

前述の通り同性のクラスメート達の多くから好かれており、特に仲が良いのは村越美樹三浦千尋松坂花の3人。作中ではこの4人組で帰りに寄り道したり、休日遊びに行ったりしている姿がよく描かれている。特に美樹とは幼馴染で、彼女と2人きりで何かをしていることも多い。少なくとも幼稚園児であった頃から友人同士であったことが作中で明らかにされている。山本りつきとも1度プールに遊びに行ったことがあり、真由としては親しいと認識している。
家では父(名前不明)、母(森田由美)の3人暮らし。一人っ子で兄弟はいない。父方の親戚は多いらしく、その中でも従姉妹の森田雪乃とは仲がよく、時折一緒に遊んだりしている。

容姿


髪は肩に軽く掛かる程度の黒いセミロング。
作中では制服姿で描かれることが多く、たまに私服姿も見られる。
(上のものは制服の夏服姿)

まぁそんなものはさておき、彼女の外見上最大の特徴は何と言ってもその『目』である。
よくレイプ目とも表現されるが、彼女の目は単にハイライトを消しただけでなく、グラデーションの掛かったなんとも言えない色合いで描かれており、濁りというか深みというか、そういったものを感じさせるなんとも言えない目なのである。(作者曰く「気が付いたらこう描いてた」。)一部の人物が彼女を怖がる原因の一つでもある。作中では山本りつき冷凍イカの様な目と表現されており、ファンの間でもその表現が定着している。
(余談だが某動画投稿サイトでは既に、「冷凍イカの目」が既にタグとして機能しつつある:2011年7月現在)
なお彼女自身も無表情なわけではなく、むしろこの手のキャラの中では圧倒的に表情豊かなほうなので、そのギャップのせいもあり彼女の目はより印象深くなっている。

山田奈々

森田真由の原型となったキャラクター。佐野妙の投稿作品であった同作のパイロット版『無口な女子高生 山田奈々』に登場。彼女もまた無口な女子高生であるが、髪型はおかっぱで、目も普通のレイプ目に近く、『思慮深く優しすぎて無口になる』というキャラ付けもまだ確定していなかった。

関連タグ

森田さんは無口
村越美樹 三浦千尋 松坂花 山本りつき
メガネ娘(注:キャラクター名。残念ながら公式表記である。詳しくは当該記事参照)
冷凍イカの目

pixivに投稿された作品 pixivで「森田真由」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158279

コメント