ピクシブ百科事典

民のかまど

たみのかまど

民のかまどとは、日本の第16代天皇である仁徳天皇の逸話の一つ。

詳細

仁徳天皇は即位後、高台に登られ国を見渡された所、民家のかまどが立っておらず、これを目にした仁徳天皇は「これは民が貧しいからである。3年間の徴税を禁止し、免税とする」と仰せになり、免税を行われた。

そのため皇居の屋根を葺く材料にも事欠いてしまっていたが、天皇は気になさらず3年後に炊煙が盛んに登るのをご覧になられ「我は富んだ。素晴らしき事」と仰せられたのを聞いたお后が、この状況下で富めるのはなぜかと問いかけると、仁徳天皇は「まつりごとの基本は民。民が富まねば天子である私も富んだ事にはならぬ」と仰せになられた。

諸国の民や権力者は「御殿の修理をせねばならない時、民は豊かになって落し物すら拾得しない。このような時に租税を治めねば天罰を受けます」と言上したが、仁徳天皇は更に3年間の免税を続けられた。
しかし、しばらくして「天皇にこんな貧相なところに住んでもらうのは申し訳ない」と憂えたたちによって、天皇はようやく「好かろう」と思われ税を解禁され、その詔を拝聴した諸国の民は大挙して都に詰めかけ、自主的に御殿の修理納税に励んだ。

そのため、陛下を『聖帝』と申し上げる事となった。

関連タグ

天皇 皇室 日本
大和朝廷 皇族
国王 君主 聖帝
日本神話 古事記 日本書紀

pixivに投稿された作品 pixivで「民のかまど」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント