ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ゲーム概要


古の妖は蘇り、清らかなる巫女たちは淫らな欲望に御魂を穢される…

Nomad最新作は、清浄なる神域・神聖なる学び舎で繰り広げられる○辱劇。
ヒロインは巫女にして女子校生。主人公は奪われた妖力を取り戻すため、ヒロインの巫女の魂を汚し尽くす!
緊縛、姉妹・母娘レズ、公開オナニーに○制奉仕…etc。多種多様な○辱プレイが巫女たちに襲い掛かる!!
凛々しい巫女の瞳が、苦悩に…悦楽に歪む様を堪能せよ!

ストーリー

かつて大妖怪として我が世の春を謳歌していた妖・白鬼丸。
日がな一日、浚った女と淫蕩に耽り、快楽に溺れる日々を過ごしていた。だが、そんな享楽の日々もついに終焉を迎える。
その身を賭してでも妖を封印せんと決意をした一人の巫女により、白鬼丸は封ぜられてしまったのである。

時は流れて現代。妖の伝承はその地に続く神社に伝えられてきたが、最早それは一般人にとって御伽噺に過ぎなかった。
白鬼丸を封じたと伝えられる大きな岩は、公共工事の名の元に砕かれてしまう。
そこへ時ならぬ突風が吹きすさび、幾つもの落雷が大地を撃った。

「ふはははははははは! 礼を言うぞ、人間共!」

数百年の時を超え、ついに復活を果たした白鬼丸。だが、彼には一つ、大きな難題があった。
その身を封じられた際に、己の妖力の核を引き剥がされていたのである。
その核は、彼を封じた巫女の血を引く者の魂に、今も封ぜられているという。しかも、清浄なる霊力を誇る巫女から、己の妖力を取り戻すのは至難の業。

「面白い。ならば当代の巫女よ、貴様の肉体を快楽に溺れさせ、魂を汚し尽くしてやろう。さすればその霊力も、消えうせるだろうよ、ははははははははは!」

登場キャラクター

滝沢 遥(たきざわ はるか)
CV:未来羽
舞台となる山村にある神社で代々、巫女を務めている家系の長女。母の後を継ぎ、当代の巫女の座を鎮っている。
品行方正、清廉にして潔白。常に自分を律し、心身ともに強く健やかたらんと心掛けている。
白鬼丸の復活をいち早く察知し、再度封印せんと奔走することになる。

滝沢 陽菜(たきざわ ひな)
CV:金田まひる
舞台となる山村にある神社で代々、巫女を務めている家系の次女。姉と同じく巫女をしているが、霊能力は高くない。
純真無垢。無邪気にして可憐。敬愛する姉に少しでも追いつこうと、辛い修行にも負けない頑張り屋。ただし、失敗が多いのが残念なところ。
健に淡い想いを寄せているが、そこを健の肉体を乗っ取った白鬼丸につけ込まれることとなる。

滝沢 美咲(たきざわ みさき)
CV:楠鈴音
舞台となる山村にある神社で代々、巫女を務めている家系の現当主。遥や陽菜の実の母。
昔は高い霊能力を持っていたが、娘を産んだことで、ほぼ失っている。
温厚篤実。貞淑にして清楚。二人の娘を温かく、優しく見守る慈母。
穏やかで上品な人柄であるが、時に茶目っ気を見せることもある。亡き夫に、今も思いを寄せる一途の人。

岩淵 健(いわぶち たける)
白鬼丸にその身を乗っ取られてしまう少年。
外見どおりに物腰は柔らかで、人当たりの良い少年。
他人と争うのを嫌うが、その反面、いまいち押しが弱く、優柔不断な面も見られる。

岩淵 剛蔵(いわぶち ごうぞう)
舞台となる山村の村長。主人公に身体を乗っ取られてしまう少年の父親。白鬼丸復活の原因となった工事をゴリ押しした張本人。
政治、経営手腕は確かであるが、押しが強く独善的。自身の欲望に忠実で、酒や女が大の好物。
妻ともとっくに死別しているため、ブレーキを掛けられる者はいない。

関連記事

親記事

NEXTON かぶしきがいしゃねくすとん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「淫烙の巫女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40

コメント