ピクシブ百科事典

滝川八尋

たきがわやひろ

滝川八尋とは、新妹魔王の契約者である。
目次[非表示]

そうだゾルギア・・・俺が東城刃更にだした条件は一つ。ゾルギア、お前をこの手で殺すこと。
CV:杉田智和

概要

東城刃更のクラスメートで、最初に仲良くなった男子。
だがその正体は、二重スパイの魔族「ラース」で、現魔王派の命令でを誘拐するために人間界で暗躍していた。
刃更との二度目の闘いで敗れたのち正体がばれ、三度目の戦闘になりかけるが、刃更との取引で、ギブアンドテイクの関係となる。
ここまでだとかなり物騒な人物、関係だと思われがちであるが、性格は一見冷淡に見えるものの根はいい人(魔族だが)であるほか、刃更とはギブアンドテイクから本物の友情で結ばれている。

戦闘面

魔王レオハルトとかつて共に戦った経験や、「仮面の貴公子」という異名にたがわずすさまじい戦闘能力を誇る。
基本は魔力で生成した攻防一体の球をもちいて戦う他、バリアやダミーも使いこなす。

過去

ゾルギアに虐殺された澪の育ての親がかつて経営していた魔族の孤児院出身である。
澪を救出したい刃更に、「案内の条件にゾルギアを自分の手で殺すこと」を条件にもちかけて協力する。
潜入した後とらえられていたマリアの母シェーラを救出し、逃亡したゾルギアをとらえる。
その後ゾルギアに目玉を奪い取る等の拷問を加えたのち、合流した刃更の目の前でゾルギアの頭を爆発させて殺した。これは「バレた自分の正体に関して澪にフォローを入れる代わりにゾルギアの死を確認する」という二つ目の契約に基づいている。

それ以降の活躍

その後も中立的な立場で行動している。
現魔王派と穏健派の決戦の際には、刃更に枢機院のリーダー格である強姦魔ベルフェゴールを殺すために香水を仕入れている他、立場上フルボッコにしたマリアに対する観客の殺せコールを止めて彼女を止めを刺さず生かしている。
ケイオスによる英霊召喚の際は幼馴染と非難が遅れた子供をかばいながら英霊軍団を殲滅している。
戦争終了後はボロボロの刃更を担いで送ったりと、二人の間には確かな友情がある。

関連タグ

新妹魔王の契約者 東城刃更 成瀬澪
友人 強者 仮面 万能

pixivに投稿された作品 pixivで「滝川八尋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15348

コメント