ピクシブ百科事典

東城刃更

とうじょうばさら

東城刃更とは、「新妹魔王の契約者」の主人公。
目次[非表示]

バニシング・シフト!!

概要

CV:中村悠一

元々は、魔族と戦っている「勇者の一族」の『里』出身の人間であり、将来を期待されていたのだが、同族の不祥事によって引き起こされたとある事件に巻き込まれたのが元で、里から追放処分を受けてしまう事になり、勇者の一族としての記憶も失ってしまっている。
以来、連帯責任で追い出された父・と共に、「普通の人間」として暮らしていたが、迅が家族として引き取った少女である成瀬澪万理亜姉妹の正体が魔族であるのを知った上に、横暴な態度を向けられた怒りから、勇者としての血が再覚醒してしまう。
だが、澪の境遇を迅から聞かされた事が切っ掛けで、自分と彼女達の立場に拘らない形で二人を守る決意をした。

たがそれ以来、魔界の内部抗争や、魔族と勇者達との戦いに巻き込まれるのならまだしも、ド変態サキュバスである万理亜に唆されて澪と主従契約を結んでしまったのを機に、自分が知らない内に勇者の里から来ていた幼馴染である野中柚希や、眼鏡美女な上に異常にセクシーな養護教諭である長谷川千里にも迫られたりと、文字通りの「女難の相」に振り回される刃更は、それこそ心休まるヒマのない日々を送るハメになってしまう。

その出生に秘密があり、勇者としては異端なことで、長谷川千里も出生に関係している。迅曰く「母親が二人いる」。

人物像

基本的には好青年だが、生来のお人好しさからか、女性関係に関しては優柔不断でヘタレところがあり、護ると誓った澪がいるにも関わらず、自身に強い好意を持つ柚希やエロネタが好きすぎて仕方がない痴女である万理亜、命を助けたかつての敵でメイドになったゼスト、見た目女子な眼鏡ショタである橘七緒、しまいには千里に襲われても振り切れずにいる。

しかし、勇者として鍛え上げられていただけあって、澪達に害を成す者や世界を滅ぼそうとする者には毅然として立ち向かう正義感や勇敢さも見せ、勇者の一族の元に居続けていられたら、間違いなく父親の迅をも超え得る勇者として大成できる実力と才能の持ち主である。
非常時にはとても頭の回転が速くなり、また過去のトラウマによって経験した挫折もあってか、自分を含む周囲を守る為ならば、自らの手を汚すような手段も辞さない覚悟を持ち合わせており、作中でも裏がある友人の正体が魔族である事に気が付いた上で協力関係を結び、敵の罠にもいち早く気づき騙されたフリをしたり、澪達だけでなく自身にも欲情して狙っていた魔界の枢機院の首魁であるベルフェゴールを暗殺する等、その決断力や実行力は凄まじいものである。
推理力や状況判断能力に関しても私立探偵並に優れており、魔界の一件では、穏健派代表であるラムサスの正体だけでなく、万理亜の出生の秘密に関してまでも看破して見せている。

戦闘能力

戦闘タイプは「スピード(速さ)」型で、武器は右手から具現化する『魔剣ブリュンヒルド』。
突進力と斬撃の疾さで敵を圧倒する『神速剣術使い(インフィニットスレイヤー)』の使い手。
「無次元の執行(バニシング・シフト)」 という超強力な消滅技を持つが、幼少期に起きた事件の際、この技が発動する出来事が原因で、周囲一帯の人や物を消し去ってしまい、勇者の里を追放された為に、当時の恐怖からこの技は余程の事がないと使おうとしない。
しかし、幾つもの経験をしていく事でトラウマを克服して言った刃更は、必要とあらば行使する事を辞さない覚悟も見せる様になり、勇者の里へ帰還した際は、斯波の攻撃によって「澱み」に侵食されてしまった幼馴染の早瀬高志を救うべく、霊装「白虎」の力も借りる形で、この技を使用。澱みだけを消滅させる離れ業を披露するまでに至っている。
後にこの技は、とある理由から父親の迅も使用出来ていた事実が判明している。

『魔剣ブリュンヒルド』

勇者の里の森の深い場所に封印されていた伝説の剣。太古の昔に邪精霊を封印した代物。
魔族を恨む里のモノの手によって封印を解かれたが、最終的に強き力を持つ刃更を真の使い手として選んだ。

主従契約

魔力による主従関係を結ぶ契約魔法で、契約した者同士は相互の居場所を感知し、更に互いの絆を深める事で、戦闘能力を上げることができる。ただし、この魔法の効果で、配下が主に後ろめたさや叛意を抱くと、使用された魔力に相応した「呪い」が発動し、場合によっては配下は死に至る事もある。作中で使用された万理亜の主従契約の属性は『色欲』で、契約して配下となった者が反抗的になったりすると、催淫状態となってしまう。
万理亜の提案で澪と主従契約をするのだが、万理亜の悪ふざけで柚希とも催淫の主従契約を行っており、その後は万理亜の母シェーラにノリでゼストとも同様の主従契約を行い、胡桃とも契約を行っている。また、主従契約関係以外でも、万理亜や長谷川先生ととんでもないことになっている。
この主従契約を複数の人物に行うことは、倫理観からすると完全にアウトとなってしまい、契約の主側となる刃更も良心の呵責から反対していたのだが、当時の刃更達は綺麗事を云々言って手段を選んではいられない程までに切迫していた状況であるのも事実で、また「誓約化」にさえ至らなければ、契約を解除する事も可能であった事から、妥協する形でこの契約を受け入れている。
ちなみに刃更が自分からキスをしたのは澪だけで、他は大体襲われている(長谷川先生が微妙なところ)。























ネタバレ

実は刃更は勇者の子として生まれながら、その中に勇者が敵対しなければいけない魔族神族の血も宿す極めてイレギュラーな存在。
極めて異端な存在であったため、その出生は父親によって秘密にされていた。

出自を突き止めた神族のオルニスからは、勇者と魔族、神族の血を引いた穢れた『三種の混血(トリプルレッド)』と評されているが、実は勇者であった迅本人の身体にも秘密があった。
かつて彼は、先代魔王ウィルベルト(澪の父)の妹サフィアと長谷川の従姉であるラファエリーネの二人と成り行きで共闘し、彼女達を守る為に、虚数次元空間で単身古代の邪竜であるファーブニル(それも20体という数)と戦った末、生き延びる為にその血を飲んでいた。それによって何とか生還した迅は、再会したサフィアとラファエリーネの二人に求愛され、サフィアが妊娠する事になったのだが、当時の魔界の状況によりラファエリーネが代理母となる形で自らの胎内にサフィアの胎児を移植。それによって神族の血も受け継ぐ形で生まれたのが刃更であった。
つまり刃更は、勇者・魔族・神族・そして古代の竜の血まで引いた『四種の混血(クアドラプルレッド)』とも呼べる、奇跡の存在だったのである。

また、義理の兄妹だったとは実際に従兄弟の関係にあたり、後々判明するが万理亜も従兄弟の関係にあたり、長谷川ことアフライアもまた遠い親戚関係となる。
更には刃更の必殺技である無次元の執行(バニシング・シフト)は、元々ファーブニルの持っていた能力であるらしく、ファーブニルの血を飲んでいた迅もまた、刃更と同じく無次元の執行(バニシング・シフト)を行使出来、更には自身の身体をドラゴンに変異させる能力まで持っていた事実が、物語の終盤で判明している。
ちなみに、刃更が生まれるよりも前となる20年前、当時14歳であった迅は、勇者の一族の総本山であるバチカンの暗躍によって毛髪を採取されており、それを利用する形で、迅は本人も気付かない内に大量のクローンを生み出されてしまい、その中でも異端な力を持った存在として生まれたのが、勇者の一族の里で最も危険視される史上最悪の勇者・斯波恭一であった。
勇者の里への帰還後、刃更は造反した恭一と戦う事になり、皮肉にも異端な形で生まれた者同士(刃更が種族を超えた「」によって生まれたのに対し、恭一は己の利権の追求しか考えない人間の「エゴ」によって生み出されたという違いはあるが)東京を舞台に最後の決戦を繰り広げる事になった


更にネタバレ

東京にて、四神だけでなくその長である黄龍までも顕現させ、更にはそれら5体の神獣を五行に対応させた相生の影響によって強大な力を得た斯波の前に、刃更は圧倒される形で敗北してしまい、殺される寸前にまで追い込まれるが、そこへ駆けつけた長谷川によって間一髪の所を救出される。
撤退後、五行思想に対応させた四神だけでなく、十神のレギンレイヴも吸収している事実が判明している斯波に対抗すべく、長谷川の提案で、刃更達もまた澪が「」、万理亜が「」、胡桃が「」、柚希が「」、ゼストが「」を担当した五行相生の力で対抗する事になるのだが、その為にはこれまで以上に刃更と澪達の繋がりを深める必要があった。その為の手段はただ一つ、主従契約を「主従誓約」へと昇華させる事にあり、そしてそれには刃更が澪達5人の純潔を奪う形で一線を越えた関係になる必要があった。
当然、良心の呵責から刃更は誓約化に躊躇するものの、既に澪達は刃更以外の男に触れられるのに嫌悪感を示す程、刃更に一途な思いを寄せるまでに至っており、彼女達の真摯な気持ちと向き合った刃更は、主従契約の誓約化を決意し、その繋がりを絶対的な物に昇華させた(12巻で判明した事だが、五行を「陰陽五行」へと更に昇華させるべく、「光」に対応した長谷川もまた刃更と関係を結び、誓約化を果たしている)。
誓約化を果たした後、刃更達は現魔王派や勇者の一族の高志、セリス・レイドハートといったこれまでに関わった者達の助力も得る形で決戦を繰り広げ、最終的に刃更の手で、もはや人外の怪物と化していた斯波は倒される事になった。
同時刻、この事件の全ての元凶であるバチカンの裏の支配者で、勇者の一族の最高権力者でもある聖王アルバレオスが消息不明となり(潜入しドラゴン化した迅の手で粛正されている)、刃更達の戦いは終息を迎えた。」


真のネタバレ

斯波との決戦後、ただ一度きりの関係であったにもかかわらず、『四種の混血(クアドラプルレッド)』(魔族・神族・竜・勇者)の影響は伊達ではなく、ヒロイン5人の内、3人(柚希ゼスト)を妊娠させてしまっており、更には12巻で判明した一件の影響で、千里も妊娠させた事が11巻の最終盤で明らかになっている(この時点で事実を知っているのは、刃更と主従契約を結んだ恭一と千里のみ)。

また、後日談となる12巻にて、万理亜胡桃の二人も、刃更との間に子供を妊娠している事実が判明。
更に勇者の一族から度々命を狙われていた吸血鬼橘七緒、斯波の起こした造反の責任を押し付ける形でバチカンに切り捨てられようとしていたセリスの二人も極めて危険な立場に置かれていた事から、彼女達も自分の手元で守るべく自分の家に同居させ、彼女達とも主従契約を行うのと同時に、刃更の近親者としての繋がりを強めるべく肉体関係を持って妊娠させている。
元々、七緒とセリスの二人も刃更を男性として意識していた事もあって、彼女達は主従契約をしたばかりで肉体関係となりながら、即座に「誓約化」までに至っている。

・・・・・・・・・・「同じ版元、しかも同じレーベルアレより質が悪すぎる」と一部読者に批判される事もあるが、「刃更達が様々な過激勢力に狙われた極めて危険な立場に置かれている上に、外部からの助力も殆ど得られない」という事実が最後まで変わっていないのを踏まえると、彼女達を守り切り、全員で生き続ける為には、「誓約化」の主従契約を結んだり血縁者の証として「妊娠」させる事も、最低限の必須事項と言えなくないのも留意すべきである。

関連タグ

新妹魔王の契約者 主人公
成瀬澪 成瀬万理亜 野中柚希 野中胡桃 ゼスト長谷川千里/アフレイア:ヒロイン
橘七緒
セリス・レイドハート:輝く金髪と透き通ったエメラルドの瞳の美少女で、刃更、柚希、胡桃と幼馴染の関係にあたる。
滝川八尋/ラース:悪友でクラスメイト。その正体は魔族で、穏健派と現魔王派によって監視役に任命される。
東城迅:父親

好青年 ヘタレ 苦労人 残念なイケメン 一級フラグ建築士 ドラゴン 魔族

ダイ:魔族・神族・竜・人間の四大血統繋がり
兵藤一誠赤髪巨乳美女の本命にも関わらず他の女性から迫られる一級フラグ建築士繋がり。

関連記事

親記事

新妹魔王の契約者 しんまいまおうのてすためんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東城刃更」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308540

コメント