ピクシブ百科事典

CV:上田瞳

概要

高橋留美子のマンガ・アニメ『犬夜叉』、アニメ『半妖の夜叉姫』の登場人物。
初登場は『犬夜叉』の最終回。

妖怪退治屋弥勒珊瑚夫婦の双子の娘、
名前の由来は「金烏玉兎」から来ており、「太陽」と「月」のうち「月」を意味し、両親からは2人合わせて「きんぎょ」と呼ばれる。
姉の金烏、弟の翡翠のうち、上から2番目になる。

小さいころから髪型は変わらず、20歳近くになった今も”おかっぱ”である。
父・弥勒が法力を復活させるために山に籠り千日行に入ると、妖怪退治屋の仕事を叔父・琥珀にまかせて妖怪退治用防具の工房を開いた母・珊瑚とともに近くの山里に居を構えて防具の製造を担っており、時おり差し入れをもって父のもとを訪れている。
また、弥勒が妖怪退治に高額の報酬を要求していたことに、弟・翡翠は「あこぎ」と評し、わずかながら嫌悪の表情を見せているが、彼女は「私たちのためにお金が必要だったのよ」を割り切った笑顔を見せており、金烏が翡翠に愛矢姫の教育係を押しつけ、彼が姫を護衛したときには姉と「これで(姫の父・扇谷柊弾正から)もっとお金がもらえる」とあこぎな笑顔を見せている。 

父の法力を色濃く受け継ぎ法師となった金烏、叔父のもとで妖怪退治屋となった翡翠とちがって母と暮らしており、このことからも姉弟のなかで最も法力を受け継がなかったと思われる。

関連タグ

犬夜叉 半妖の夜叉姫 弥勒 珊瑚(犬夜叉)
金烏(半妖の夜叉姫) 翡翠(半妖の夜叉姫)

関連記事

親記事

半妖の夜叉姫の登場人物 はんようのやしゃひめのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「玉兎(半妖の夜叉姫)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「玉兎(半妖の夜叉姫)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126495

コメント