ピクシブ百科事典

目次[非表示]

声:矢島晶子

概要

珊瑚。そばかすが特徴的な少年で、初登場時11歳。武器は鎖鎌

犬夜叉

奈落の謀略により洗脳され、父や退治屋の仲間達を手に掛けてしまい、自身も非業の最期を遂げるが、奈落が利用目的に四魂のかけらを入れたことにより蘇生、記憶を操作され忠実な手下と化した。
父達を手に掛けた記憶を思い出す事を心が恐れており、そこを奈落につけ込まれていた。
しかし、奈落にとっては元々使い捨てにするつもりだったが故か雑に扱われ、無意識に命令に背く事が次第に多くなっていく。

そうした紆余曲折を経てついに記憶を取り戻し、未だに洗脳下にある振りをしつつ奈落の心臓赤子)を狙うが、自分のかけらを取り込もうとしている魍魎丸の陰謀を知った神楽の手によって逃がされ、犬夜叉一行に助けられる。その後は桔梗と行動を共にし、桔梗の死後は殺生丸一行に加わった。

四魂のかけらで命を繋いでいるため、天生牙による蘇生もできなくなっており、いずれはかけらに宿した力で奈落を倒すため命を落とす定めだったが、かけらは最終的に奈落に奪われてしまう。
しかし、桔梗が四魂のかけらに遺した光によって護られ、かけらを失っても生きながらえることができた。
かけらを失った直後は戦線を離脱していたが、奈落との最終決戦では途中から参戦し、りんを救出する活躍を見せた。

3年後、珊瑚が弥勒との間に子供を儲けた後は、雲母と共に妖怪退治と修行の旅をしている。特徴だったそばかすが無くなっている他、刀々斎によって新しい鎖鎌を得ている。

最終回の後日談となる特別編「あれから」では、楓の村を襲った妖怪・根の首と戦おうとするも、珊瑚に子供たちの世話を任されてしまい、修行の成果を見せる事はできなかった。終盤は一行入りしていた為か、殺生丸とは互いに友好的。この話では珍しく殺生丸の方から琥珀に話しかけており、琥珀からの質問にも殺生丸は素直に答えていたりと、邪見よりも扱いが良い様が見て取れる。

半妖の夜叉姫

琥珀(半妖の夜叉姫)」を参照。
なお「琥珀(半妖の夜叉姫)」は、大人になった琥珀のイラストを探す際にも有効であるため、成人後の彼を描いたイラスト・小説にはそちらのタグを用いた方がいいかもしれない。

関連イラスト

琥珀ときらら
琥珀



関連タグ

犬夜叉 珊瑚(犬夜叉) 桔梗(犬夜叉)
殺生丸 雲母(犬夜叉) 弥勒 犬夜叉(主人公) 日暮かごめ
姉弟

関連記事

親記事

犬夜叉 いぬやしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「琥珀(犬夜叉)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「琥珀(犬夜叉)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 431637

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました