ピクシブ百科事典

邪見

じゃけん

漫画『犬夜叉』のキャラクター。

概要

声 - 長島雄一チョー

従者として殺生丸に仕える小妖怪。人間の子供くらいの背丈で、翁と女の顔を持ち強力な炎を放つことができる人頭杖(にんとうじょう)という杖を持つ。ただ、強力な妖怪相手にはほとんど効き目がないので、殺生丸が戦う時は物陰に隠れて、専ら解説役に徹している。

殺生丸のことを慕い、忠義を尽くしているが、気むずかしい彼の相手をするので気苦労が絶えない。小心者でどこか間の抜けたところがあり、ゴマすりばかりしている割には、しばしば余計なことを言って殺生丸に殴られたり睨まれたりもする。それでも決して殺生丸の側を離れず(彼の傍らにいるのが一番安全という部分もあろうが)、戦いで殺生丸がどんな窮地に追い込まれても、見捨てて逃げ出すような真似は一度もしていない。

長年仕えているためか殺生丸の心の内を読むのに長けていて、彼の気持ちを代弁することが多い。アニメでは、初登場の時点で殺生丸が既に原作後半に近い無口・無表情なキャラになっていたため、原作初登場時の彼の台詞が一部与えられていた。りんのことは邪険にはしているものの、なんだかんだといいつつ、殺生丸を無邪気に慕う彼女の事は大切に思っている模様。

関連タグ

犬夜叉 殺生丸 りん 殺生丸一行

pixivに投稿された作品 pixivで「邪見」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2130648

コメント