ピクシブ百科事典

白蛇(朧村正)

しろへび

『朧村正 元禄怪奇譚』「七夜祟妖魔忍伝」の登場人物。(画像上の女性と少年の肩に乗ってる蛇)
目次[非表示]

概要

CV:日笠陽子
朧村正 元禄怪奇譚の「七夜祟妖魔忍伝」(通称:白蛇) の登場人物。

白銀ヶ淵で祀られている白蛇。正式名称は渦津巳引滝媛神(かつみいならきのひめがみ)。

嵐丸に社殿での殺生と神鏡の破壊による罰として、七夜の後に命尽きる神罰を言い渡すが…
当の嵐丸は「七夜も生きられれば儲け物だ」と語り七夜経つ前に死ぬ気満々だったため、
罰を与える前に死なれては神としての面目が立たないと、仕方なく嵐丸を守護するために憑いて来る。
通常時は白い蛇になって、嵐丸の肩に乗っている。
女神の状態のときは、恐らく下半身は蛇。温泉に入る時は手ぬぐいをしない、大事な部分はで隠れている。

戦闘では霊力を消費して召喚されホーミング弾で援護してくれる。

関連動画


関連タグ

朧村正 元禄怪奇譚
白蛇 白蛇の精 ツンデレ

コメント