ピクシブ百科事典

元禄怪奇譚

げんろくかいきたん

マーベラスエンターテイメントより発売されたアクションRPG『朧村正』の別売ダウンロードコンテンツの総称。PSVita版でのみプレイ可能。
目次[非表示]

概要

2013年11月7日より配信の「津奈缶猫魔稿」を皮切りに開始された、新しい4人の主人公を携えた4本の短編シナリオを配信する『朧村正』のDLCである。Wii版ではプレイできないので注意。
本編とは異なり、シナリオ一本につき全三幕という短めのストーリーで構成されている。

基本的なシステムは本編と同様のままに、主人公ごとに新しい武器やアクションが導入されている。
また、新キャラクターのグラフィックはもちろん、一部のマップ背景や道中・戦闘曲等のBGMも書き下ろしされており、DLCとは思えない気合の入れようがうかがえる。
これだけ盛り込んでおきながら価格は一本500円(税込)とかなりリーズナブル。

ちなみに公式サイトでは配信タイトルに合わせてPVが公開された。特に「大根義民一揆」以降のPVには本編映像の後にちょっとしたおまけ(お巫山戯?)が収録されており、一見の価値ありである。

基本的に一本一本が独立して完結するストーリーだが、一部のキャラや語句を共有する事で、他のシナリオや本編の展開・各EDとの関連を匂わせる描写もある。

配信タイトル

◆「津奈缶猫魔稿」(通称:化猫)

本外題読みは”つなかまねこまたぞうし”。ツナ缶猫まんまではない。
秘蔵の茶器を将軍家へ献上することとなった綱釜藩主岡島義徳。江戸家老の犬飼剣持は長男清次郎と娘のお恋にその役目を託すが、剣持を妬むお留守居役の城代家老・若宮捏造の策略により二人は道中で刺客に殺されてしまう。お恋に付いてきた家猫の三毛はこの有様を目の当たりにし、主人の無念を晴らすべく、お恋の姿を借りた化猫と相成って若宮捏造への復讐を誓うのだった。

お恋

CV:日高里菜
正確にはお恋の姿となった三毛。人間姿でも二股の尻尾が見えており、よく見ると足も猫のものとなっている。人間形態では鋭い爪を用いた近接戦闘、猫形態では鬼火を用いた遠距離攻撃で戦う。また、霊力ゲージを消費して一定時間無敵の化身状態になることもできる。温泉と熱いものが苦手。


◆「大根義民一揆」 (通称:一揆)

本外題読みは”おおねぎみんいっき”。
大根藩の村々一帯では飢饉と凶作が続き、納める年貢すらも危ういという状況。そんな中、城代家老である鳩野豆太夫は自身の面子を保つため、赤字財政の改めという名目のもと年貢の引き上げを行なう。これ以上搾取されては農民の生活が成り立たないと危惧した村の若衆は、藩主に窮状を訴え出るために江戸へと向かうが...。

権兵衛

CV:浅沼晋太郎
村一番の働き者である百姓。去年に流行病で妻であるお妙を亡くし、今では男やもめの一人暮らしをしている。困っている人を放っておけない情に厚い性格で、人々を助けるためなら自分を犠牲にすることも厭わない。戦闘では鍬と竹槍による近接攻撃、鎌の投擲による遠距離攻撃を行う。なお他の主人公と違い戦闘慣れしていないためか、少々動作の隙が大きい。

※余談ではあるが、時代背景を考慮してかこのシナリオではとにかくお金が貯まらない。敵を倒しても1文2文というのもザラであり、なんと1両稼げれば実績が解除される始末である。
買い物もままならないので、飯処での生気の取得や回復アイテムの使用は計画的に。


◆「七夜祟妖魔忍伝」(通称:白蛇)

本外題読みは”ななやたたりようまにんでん”
忍の里を裏切り抜忍となった嵐丸は、追手から逃れる最中の戦闘で神社の神鏡を壊してしまう。その夜、気を失っていた嵐丸の枕元には神社に祀られていた神”渦津巳引滝媛神”(白蛇)が立ち、嵐丸に社殿での殺生と神鏡の破壊による罰として七夜の後に命尽きる神罰を言い渡す。自身の今の境遇から「七夜も生きられれば儲け物だ」と語る嵐丸に、罰を与える前に死なれては困ると仕方なく協力する白蛇であるが、七夜の内にしだいに嵐丸の出生の秘密が明らかとなっていく...。

嵐丸

CV:逢坂良太
元は伊賀に構える骸衆の忍の一員。とある任務中に突如として裏切り、敵対した骸衆に立ち向かうこととなる。かつては骸衆の中忍・不知火のもとで修業し、師匠からも弟子の内で一等の出来だと認められていた。クナイ、鎖鎌、爆雷とこれまで敵のモブ忍者が使用した武器とほぼ同様の武器を使い戦う。また、師匠、不知火仕込みの火術”微塵転身の術”を得意とする。


◆「角隠女地獄」(通称:鬼娘)

本外題読みは”つのかくしおんなじごく”。
無類の女好きである放蕩者の清吉は、坊主になるのが嫌で寺から逃げ出してきた。女遊びが我慢できずに髪も生えそろわぬうちから街道の娘らにちょっかいを出していたが、そんな折に出会った鬼娘から「好きあった仲」と勘違いされてあちらこちらと連れまわされる羽目になる。果たして清吉は鬼娘を振り解いて悠々自適な女遊び生活に戻れるのか。清吉の運命やいかに。

羅邪鬼

CV:渡辺久美子
地獄の閻魔大王の末娘。仰々しく”閻々羅邪鬼”と名乗ることもあるが、親しい仲の者には"羅邪"と呼ばせることも。金太郎を彷彿とさせるような格好をしており、幼子の姿をしていながら身の丈ほどもある斧を軽々と振り回す。また、打出の小槌で自分を叩くことによって身体を自由に成長させることができ、グラマラスな大人の体になることも。大人状態では豪快に金棒を振り回す。そしてさらに小槌を使うことで、本編に登場した雷神にも匹敵する大鬼状態へと変化することができる。その迫力と攻撃は圧巻。


別エンディング

本編を一度クリアすると各地の結界が無くなり、全国を全て行き来できるようになる。また、魔窟にも挑戦できるようになる。
この状態になると各地のボスと再戦できるようになり、勝利するとそれぞれから専用装備を入手することができるのだが、全国各地のボスをすべて倒すと「転変の調べ」という特殊なアイテムが手に入る。
DLCシナリオではこの「転変の調べ」を装備した状態で大詰めのボスを倒すと、通常とは異なる展開をみせる別ルートのエンディングを見ることができる。
ED1の補填というよりは、全く別の展開をみせるものとなっている。どちらの展開が真実かと明言されている訳ではないので、こういう道を辿る可能性もあった と考えるのが良いだろう。

小ネタ

一揆

「一揆」の元ネタはファミコンで発売されたサンソフトのアクションゲーム「いっき」であると思われる。主な共通点として
・「いっき」のプレイヤーキャラは”権べ”と”田吾”。「一揆」では”権兵衛”と”田吾作”
・小説版「いっき」に登場する田吾の娘の名前は「タエ」。権兵衛の妻の名前は「お妙」
・武器に竹槍と鎌
・少人数での一揆
・敵が忍者
・プロモーション映像で流れていたBGMが「いっき」のメインBGMを彷彿させる
などが挙げられる。「一揆」配信日には記念として公式からファミコンのタイトル画面を模したドット絵のオマージュが投稿されたこともあった。
また、あくまで憶測の域を出ないものの、ED2の展開は「いっき」が延々と続く終わりのないゲームであることのオマージュではないかという話もある。

白蛇

嵐丸の師匠にあたる不知火の団子鼻に四白眼、白髪、口元を覆い隠す装束等の外見的特徴は、漫画家・白土三平の作品(『サスケ』、『ワタリ』等)に登場する”四貫目”というキャラクターにそっくりである。
第一章のボスと戦う際のマップは、段状に足場が連なる縦方向に長い岩場となっている。これはファミコンのゲームソフト『忍者くん』に登場するマップに酷似しており、こちらが元ネタと思われる。
また、作中技の「微塵転身の術」は1989年にセガより発売された『ザ・スーパー忍』というゲームに登場する「微塵の術」のオマージュ・・・と言うより、「閉所に誘い込んだ敵を自爆に見せかけた爆発に巻き込んで倒す」「自身は爆発の安全圏に身を隠して無傷」といった特徴から「サスケ」等の白土三平作品に登場する「微塵がくれの術」が大元の元ネタだと思われる。
このように「白蛇」は忍者を主人公とした物語であることから、他の忍者作品を意識したと思われるオマージュがいくつも見受けられる。

鬼娘

こちらは高橋留美子の漫画『うる星やつら』のオマージュである思われる。
主人公の男が無類の女好き。そんな男のもとに鬼娘がやってくる。鬼娘が男と「恋仲」である勘違いをする。と、出だしの展開はまさにそのものである。
清吉が三白眼なのも、諸星あたるを意識してのものか。PVに見られる遊女からビンタを喰らった清吉の姿は当時の漫画的表現を彷彿とさせる。


関連イラスト

お恋
大根義民一揆


白蛇&嵐丸 七夜崇妖魔忍伝
楽しみ



関連タグ

朧村正

外部リンク

『朧村正』公式サイト
「元禄怪奇譚」サイト内ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「元禄怪奇譚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 235435

コメント