ピクシブ百科事典

矢口茉理

やぐちまつり

18禁PCゲーム「パティシエなにゃんこ」、およびそのPS2&ドリームキャスト移植版「パティシエなにゃんこ~初恋はいちご味~」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール


誕生日:6月9日
血液型:O型
身長:153cm
B/W/H:78/59/80
足のサイズ:23.0cm
好きなケーキ:なんでも来い
趣味:暴れること
特技:変なケーキを作ること←突っ込まない。
CV:豊田マコト

主人公・矢口翔一の妹。
ハイテンションでノリの良い、ひよこ館のムードメーカーでもあるお転婆娘。
物語開始当初は欧州(ウィーンあたり)に留学していたようだが、ケーキ職人である父親が腰痛をこじらせて働けなくなり、兄の翔一が店長代理に立ったことを聞いて緊急帰国、実家である望美ヶ丘のケーキ屋「ひよこ館」に舞い戻ってウェイトレスとして働き始める。

翔一の良き理解者であり、突っ込みやボケも容赦ない。「茉理のいるトコ、一度はおいで」と言われるくらい、彼女の周りは常にドタバタ。ただ、性格的には兄とそっくりですぐ熱くなる。だが、似ていることを自覚していない。
「てぃひっ!」とごまかす癖がある。だが、主人公は口癖に慣れているので突っ込まない。


対人関係

  • 兄の翔一については、上述のとおり似たもの兄妹で、いつも仲良く軽口や口喧嘩を飛ばしあう仲。ただ、やはり(妹としてだが)最愛の兄・翔一のことはなんだかんだで気になるようで、作中で翔一が行方不明になる際は、幼少の頃に母が病死していることもあって『母みたいにいなくなってしまうのではないか』と悲痛な表情で心配したり、公式のどらまちっくCDでは、茉理自身に彼氏がいないことも手伝ってか、ひょんなことから一緒にプールリゾートへ翔一と遊びに行く事になった際、翔一には内緒で密かにデート気分をかみ締めたりと、ちょっぴりブラコンの気もある模様。


  • 兄妹共通の幼馴染で、メインヒロインの一人である芹沢かなでについては、彼女が翔一と同い年で、かつ毎朝起こしに来たりご飯を作ったり放課後に店を手伝ってくれたりと陰に日向にひよこ館および矢口家(というか翔一)に甲斐甲斐しく尽くしてくれていることもあり、「おねえちゃん」と呼んで慕っている。

  • 兄の翔一が連れ込んで住み込みで働かせているメインヒロインの一人・ミオに対しては隔意や疑念の類はまったく抱いておらず、互いに子供っぽく人懐っこい性格もあって「み~ちゃん」「まちゅり」と呼び合い、姉妹同然に仲良くドタバタ共同生活している。

  • 店長である父が腰痛で入院してから、ひよこ館のケーキ作りを一手に担ってきたメインヒロインの一人であるパティシエール(女性洋菓子職人)・秋月みちるについては、当人の店内最年長かつ生真面目な性格もあって翔一やかなで・ミオほどツーカーではないものの、その『大人の女性』なキャラを逆手にとってイジってみたり(主にキャラ、次にその91を誇る胸と、これはこれでなかなか打ち解けている様子。

  • お向かいにできたライバル店「ショコラ・ル・オール」の社長の娘にして同店の看板娘であるメインヒロイン・姉小路冬華については、最初の頃こそ商売敵という事もあって対立っぽい雰囲気こそあったものの、冬華がよくひよこ館にやってきては茉理たちに絡んでいく中で冬華もひよこ館の面々ののどかかつドタバタなペースに巻き込まれ、という付き合いを繰り返すうちに打ち解けあい、冬華の付き人のサブヒロイン・結城亜里咲ともども、仲良く喧嘩しな的茶飲み友達のような関係になっている。

その他

彼女もケーキ屋の子だけに、兄の翔一ほどではないがケーキ作りの基礎は身についており、(みちるや翔一がそれを担っているため商品として店頭に並ぶことはほぼないが)ときどき創作ケーキを作って、ひよこ館メンバーに話のネタ程度に見てもらったりもしている。


……が、実態はケーキ作りの際も本人の遊び心が強すぎることもあり、上述のプロフ通りの有様である
あと、(故意犯のジョークではあるが)
ウィンナーコーヒーと称してウィンナーソーセージの入ったコーヒーを出したりとか。


ちなみに、攻略対象ではないが彼女をメインにすえたエンディングはある。
(さらにいうと18禁であるPC版でも、彼女とのHシーンはないがラッキースケベな『えっちぃシーン』もひとつだけ存在する)
公式人気投票では、その賑やかさと程よいおバカさ加減、ピンチに陥った際の健気な一面など、作品全編通してのムードメーカーぶりを誇る故か、ほかの攻略ヒロインや主人公をおさえて見事1位に輝いている。

関連タグ

実妹  ケーキ

pixivに投稿された作品 pixivで「矢口茉理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 458

コメント