ピクシブ百科事典

神さまがまちガえる

かみさまがまちがえる

「神さまがまちガえる」とは、仲谷鳰原作の漫画である。 月刊電撃コミック大王にて、2021年10月27日より連載中。
目次[非表示]

概要

人々の常識や物理法則が崩壊する謎の現象「バグ」が頻発する世界での人々の日常を描く。

「バグ」とは

正式名称「周期性例外事象」
その名の通り定期的…というかほぼ毎日のように起こっており、作中の市役所には「例外課」という専用の部署まで設置されている等、人々にとっては最早身近なものになっている。

その内容はバグごとに千差万別であり、作中で描かれたものでも、「植物が室内外問わず異常繁殖する」「人々が空中を歩けるようになる」といった物がある他、物語開始前でも「世界中の人々が迷子になる」「一日が27時間になる」というバグが起こったらしい。

バグが続く期間は微妙な差があるものの、かね4,5日で消滅する模様。

登場人物

綿矢紺(わたや こん)
本作の主人公。
中学生だが、小学生と間違われるくらい背が小さい。
理由は不明ながら既に親元を離れてシェアハウスで暮らしている。
基本的にシェアハウスの同居人はさん、または君付けで呼ぶが、唯一かさねだけは呼び捨ている。
自由奔放なかさねによって半ば強制的に彼女の助手にされており、その調査に毎度同行しては彼女に振り回されている。

姫崎かさね
本作のヒロイン。
赤髪での長身な女性で、職業は大学教授。
同時に、紺達が暮らすシェアハウスの大家でもある。詳しくは不明だが、紺の親と知り合いらしい。
バグの研究をしており、その調査に毎度紺を連れ回している。
常に明るく飄々としており、シェアハウスの人々を始め町中の人達からも慕われているちょっとした有名人。
研究柄知的好奇心旺盛かつ行動力もあり、常に動き回っている。
「わからないことをわかろうとすることを止めてしまったらおしまい」というが、彼女の持論。
その一方、何故か世界のバグに影響されない(紺曰く「バグらない」)体質を持つ。

石橋恒成
シェアハウスの住人。
逆立った短髪の青年で、紺と一番年が近い。
フリーターで、丸一日様々なアルバイトを掛け持ちしている。

伊与田英(いよだ あきら)
シェアハウスの住人。
両目を前髪で隠している。
映像の勉強をする大学生で、次作の動画をネットに投稿しているが、紺達には見せないらしい。

円子飛鳥(まるこ あすか)
シェアハウスの住人。
入居者一の古株で最年長だが、背は紺と同じ位小さい。
職業は会社員。

よし乃
かさねに雇われている老家政婦。
シェアハウスの家事全般を請け負っている。

関連タグ

神さまがまちガえる 仲谷鳰

関連記事

親記事

仲谷鳰 なかたににお

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「神さまがまちガえる」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「神さまがまちガえる」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1740

コメント