ピクシブ百科事典

神呪のネクタール

しんじゅのねくたーる

神呪のネクタールとは、原作吉野弘幸、作画佐藤佐藤健悦による漫画。
目次[非表示]

概要

チャンピオンRED』にて、2017年1月号から連載中。
吉野弘幸原作・佐藤健悦作画。

基本的には「異世界召喚もののバトル漫画」。
ついでにこの作者のコンビの前作「聖痕のクェイサー」同様、「おっぱいを吸ってパワーアップする」漫画である。ただし両作にストーリーや世界設定のつながりはない。

あらすじ

自己肯定の低い青年、渉里塊(カイ・ワタリ)はある時異世界に召喚される。
彼を呼び寄せたのは羅刹族アダール侯国の王女サクラであった。
敵が迫るとき、サクラの中の「神妃」シャクンティーラが目覚め、カイに「呪乳(ネクタール)」を与え強力な戦士と化す。

登場人物

  • 渉里塊(カイ・ワタリ)

元々は自分に自信のない日本人の青年。ある時異世界に召喚され、戸惑いながらもシャクンティーラに与えられた力で戦士と化す。
サクラの義兄グレイ・エンフィールドが死亡したのち、仮面をつけ彼の名を名乗る。

  • サクラ・シャクンティーラ・アドニエラ
羅刹族アダール侯国の王女で、頭にはツノが生えている。
乳房に神秘の力を持つ「神妃(アンブロシア)」を宿す存在であり、もう一人の人格「シャクンティーラ」がいる。
  • シャクンティーラ
サクラの中にあるもう一つの人格で、サクラとは違って尊大な態度。
カイに「雷帝(インドラ)」の神呪を授ける。


関連タグ

公式が病気 巨乳

関連記事

親記事

チャンピオンRED ちゃんぴおんれっど

兄弟記事

コメント