ピクシブ百科事典

神威(双星)

かむい

漫画「双星の陰陽師」の登場人物。
目次[非表示]

十数える間待っててやるよ

プロフィール

年齢?歳(婆娑羅になってからは8歳)
誕生日1月15日(読者リクエストより)
血液型?型
身長162cm
体重50kg
好きなもの戦い、二択
嫌いなもの自分の戦い(楽しみ)を邪魔する奴
纏死穢断神闇脚


概要

ケガレの上位種「婆娑羅(バサラ)」の1人。序列は一番下の11位。
淡々とした感情を感じさせない性格で、ケガレと陰陽師の戦いの行く末にそれ程興味が無く、己個人が戦うことを何より楽しむ戦闘狂。

戦いを求めて双星の陰陽師の痕跡を追い、紅緒の前に現れた。
八年前に紅緒の両親を殺しその時の呪力で婆娑羅となったため、紅緒にとっては親の仇。
しかし本人にとっては数ある戦いの一つにすぎず、紅緒に問われるまで完全に忘れていた。

「十数える間待っててやるよ」が口癖。
追い詰めた相手に命の選択を迫る2択を示す
その内容は基本的に「どう死ぬか」「どっちを殺すか」であるため、大抵の場合は命乞い、諦めて特攻、内輪もめを起こすらしく、そうやって追い詰められた人間の様相を観察するのが面白いらしい。
極めて悪趣味だが、一方で選択は順守するなど妙なところでは律儀。
紅緒の両親は自分たちと娘の命を天秤にかけて、躊躇なく紅緒を選択したことで神威に「アレは珍しい例だった」と感心されている。

現在、自分でも理解できない紅緒への強い執着心と感情を持ち混乱する。
自分でも整理できないまま千怒の命ずるままに紅緒の警護に就き、襲撃してきた赫夜と会敵する。

能力

司る五行は不明。
作中でも基本的に蹴り技を使い、特に能力は見せていない。
それでも膨大な呪力に支えられた力は尋常ではなく、双星の二人を相手取って圧倒して見せた。

纏死穢『断神闇脚』

コイツに防御は意味ねぇぞ?

専用の呪符を用いて肉体を変化させる技。陰陽師が用いる呪装との違いは不明。
袴を履いていた下半身がタイツのように足にフィットし、膝から大きな棘を生やす。
見た目はシンプルだが、触れた対象に衝撃を伝播させる能力を持つ。
その性質と拳法の発勁のように密着した状態から攻撃できるため、相手の防御を無効化できるという強力な特性を持つ。

変異


地力で神威を上回る赫夜との戦いで瀕死の重傷を負うも、紅緒からの叱咤により謎の覚醒を果たす。
具体的には婆娑羅特有の片目の濁りと顔のひび割れが無くなり、衣服も黒系統から白系統となった。





双星の陰陽師

pixivに投稿された作品 pixivで「神威(双星)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3857

コメント