ピクシブ百科事典

神様のメモ帳

かみさまのめもちょう

『神様のメモ帳』とは、電撃文庫より刊行されているライトノベル。および、それを原作としたアニメなどの関連作品。
目次[非表示]

概要

著:杉井光、イラスト:岸田メル。2007年から2014年まで全9巻が刊行された。
ドラマCDが2009年7月、2010年5月の二度発売された。
テレビアニメが2011年7月から9月まで、独立UHF局・AT-Xほかにて放送された。全12話。制作はJ.C.STAFF

ドラッグや、マフィア・暴力団、遺産相続問題など、現実的かつ重い話題が取り上げられることが特徴。

あらすじ

「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」
路地裏に吹き溜まるニートたちを統べる《ニート探偵》アリスはそう言った。
「真実は君の平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」
僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!
情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。

主な登場キャラクター

ニート探偵団

吾輩はニート探偵である


「きみの腕も、きみの脚も、きみの目も耳も、きみの喉も、きみの歯も舌も、きみの血の最後の一滴までも、———今はすべて、ぼくの道具だ」

『NEET探偵事務所』を営む、自称『ニート探偵』。一人称は『ぼく』。凄腕のクラッカーであるが、ひきこもりで基本事務所から出られない。
極度の偏食家であり、ドクターペッパーをこよなく愛する。クマのぬいぐるみをとても大切にし、いつも抱いている。

ヘヴンズ・ドア


「だって、そのときその場所に僕がいた意味があるとしたら———」

主人公にして、探偵助手。ひょんなことからニート探偵団の仲間入りを果たし、以降、アリスの助手として様々な事件に巻き込まれて行く。

喧嘩仲間


(画像左)
「いいから殴れよ、人間なにか殴ったほうがいいときってのがあるんだよ。何も考えずに殴れ。」

元ボクサーで、現パチプロのニート探偵団の兄貴分。ナルミの学校の元先輩。

神様メモ帳リベンジ!


(画像左)
「靖国で会おう」

ミリオタでいつも軍人のコスプレをしている。いちおう大学生であり、盗撮盗聴の達人。

ヒモさん


「ヒモってのは、母性本能をくすぐるのが仕事なんだよ。普通の人には出来ない」

甘いルックスを持つ、複数の女性の家で寝泊まりしている生粋のヒモ。緊急時にはその女性陣を使った情報収集を行う。

ラーメンはなまる

輝き


「あたしもね、喋るの武器用だから。ほんとは藤島くんと話したかっただけ」

ナルミの学友。ラーメンはなまるでバイトをしている。よくアリスの面倒を見てやっている。

センシティブな作品


「無職どもがうちの裏を根城にしてんのも、他に行く場所がないんだろうし、いいかなって思う」

ラーメンはなまるの店主。自分の店先にたまるニート達に居場所を提供し、あたたかく見守っている。

平坂組

四代目



不良たちを集めたチーム、「平坂組」の組長。狼のような鋭い眼光が特徴。


関連タグ

電撃文庫
杉井光
ドクターペッパー
2011年夏アニメ

外部リンク

神様のメモ帳 - Wikipedia

関連記事

親記事

杉井光 すぎいひかる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神様のメモ帳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1513817

コメント