ピクシブ百科事典

筒井公宏

つついきみひろ

『ヒカルの碁』の登場人物。

CV:津村まこと
1984年4月23日生まれ。O型。165cm。家族構成は両親と妹(いずれも劇中には未登場)。

ヒカルの2つ上の先輩で、葉瀬中囲碁部の創設者。メガネをかけた優等生的な風貌の少年。劇中ではよくメガネがずれて、それを直す仕草をしている描写が多い。愛読書は囲碁の定石。棋譜のかき方や碁石洗いを優しく後輩に教えている。

加賀鉄男とは悪友同士であり、彼に幾度もアマの大会に団体戦で出ることを懇願していたが、その度に断られている。しかし、進藤ヒカルが加賀との対決を機に夢叶う。

大人しい性格だが囲碁のことになると感情的になる。
定石の既成概念に頼り過ぎたことが災いして斬新な打ち回しが出来ず、範囲の狭い碁しか打てない。後に加賀に定石を捨てられる強引なやり方で棋力が向上するようになる。インターネットで佐為の対局を観戦したヒカルといい勝負くらいだったが、ヒカルの成長は早く、2子局でも負けてしまう。

冬や夏の大会では、副将を務める中学生に勝っている(1回戦のみ)。
ヨセや目算に強く、冬期囲碁大会では、20目ほど不利な形勢を半目差で逆転勝ちしたり、海王中の副将を務めた当時の3年生相手にぽかで8目程のリードで逆転勝利したり大活躍している。ただし、相手の技量が明らかに上だとヨセで粘っても勝てないこともあり、その時は態度にでるほど悔しがる。
ヒカル、加賀、三谷の陰に隠れながらも棋力は高い。のはずだが、「ものすごく碁が強い」と小池の発言にヒカルや三谷は考え込んでしまった。

中学卒業後は加賀とおなじ高校に通っている模様。ヒカルが3年生に上がった頃にヒカルの2学年後輩の小池仁志に、その功労から「伝説の筒井先輩」として認知されるようになる(もっとも、その裏で活躍していたのは加賀であるが)。
アニメ版最終回で女性と歩いている姿を加賀に目撃されているが、恋人なのかかわいい妹なのかは不明(このとき、加賀は相当悔しがっていた仕草を見せている)。なお、加賀とは悪友といった間柄ではあるものの、実際には彼からは大事にされており、作品全体の描写から示唆されている。アニメEDでも首に腕を廻されているイラストからも、そのように表現されている。

回想のシーンでは、美化されている(ヒカルたちよりずっと背が高い、大人っぽい顔つきになっているetc)。

筒井さん
葉瀬中!



関連タグ

ヒカルの碁 進藤ヒカル

pixivに投稿された作品 pixivで「筒井公宏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33481

コメント