ピクシブ百科事典

概要

意味としては、米のように地味ではあるが無くてはならない存在であるということ。
元々は織田家領内で流行った織田家家臣を讃える歌の一節。
江戸時代中期の文人、神沢杜口の随筆『翁草』で紹介されてる。
他に『木綿藤吉』、『掛かれ柴田』、『退き佐久間』というのがある。

関連記事

親記事

丹羽長秀 にわながひで

pixivに投稿された作品 pixivで「米五郎左」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5015

コメント