ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:中崎達也緒方恵美(OVA版)


概要

本作のヒーローポジション。紗南のクラスメイトで天敵→マブダチ→彼氏(アニメ版では最後まで正式には付き合っていない)。

1982年10月12日(※アニメでは1984年)生まれ。てんびん座。B型。


母親が自分を産んで亡くなったため、から酷い扱い(姉からは『あんたがお母さんを殺した』『悪魔』などと呼ばれ続けるなど)をされ続け、荒んだ性格になっていた。それが原因で登場当初はそのストレスを発散するかの如く男子達を取り仕切って酷い担任いじめを行っていた。

紗南との出会いによって徐々に心を開き、感情をあらわにするようになり以降は非行から更生する。

家族関係が良くなった後から紗南に恋愛感情を持つ。少々スケベ(?)。

直澄からの挑発と校長の勧めにより、空手を始める。ちなみにケンカをする際は本人も認めるレベルで防御が苦手だったが空手を習い始めてからはうまくなっている。

上達が速く、茶帯に昇格する。寿司恐竜が好き。

紗南が映画の長期ロケの間に、(紗南のファンである男子生徒のとある誤解とすれ違いから)風花と付き合うが、紆余曲折あって別れる。その後、互いの本当の気持ちを知ったため紗南と付き合う。

中学時の担任・千石絡みの問題で停学処分を受けているが、実際は法律で小中学生に対する停学処分は禁止されている。


原作後半ではクラスメートの小森和之との些細なやり取りが原因で相当にデリケートだった小森が「羽山に傷付けられたから自殺する」という置き手紙を残して行方不明になるという事件が発生。彼の母親やそれに便乗した千石から執拗に関与を疑われてしまうも、自力で小森を探して連れ帰るが再会した際のはずみで小森に腕をナイフで刺されてしまい、帰ってきた後で倒れてしまい生死の境を彷徨うが家族が自分に輸血を提供した事、朦朧とする意識の中で亡き母・小春との対話の末に生きる力を取り戻し、奇跡的に一命を取り留めるが、後遺症は大きく右腕には麻痺が残ることになってしまった。

自分を刺した小森を恨むようなことはせず、別れ際には彼とマブダチになって和解している。


アニメ版で羽山の声を担当した中崎は放送開始当時は中学生男子でありしかもまだ声変わりしていなかった。

しかし放送中に声変わりをしたため中盤辺りからはガラリと声質が変化している。


「Deep Clear」では、鍼灸マッサージ師兼空手指導者。23歳で紗南と結婚。

26歳のとき、出産に対し「恐ろしい、危険」という印象を抱いている。

さらに早産の危険性もあったため、紗南を愛するがゆえに出産に頑なに反対していた。

長女は彼にそっくり。


関連イラスト

つよがり羽山

「俺を殺したいんだろ・・・?」はやまー


関連タグ

こどものおもちゃ

倉田紗南 大木剛 羽山夏美 羽山

クラスメイト 少年 男子 彼氏 空手 ツンデレ

関連記事

親記事

こどものおもちゃ こどものおもちゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました