ピクシブ百科事典

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪(アニメ・マンガ系)

じぶんがあくだときづいていないもっともどすぐろいあくあにめまんがけい

この項目は「自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪」の要素を持つアニメや漫画に登場するキャラクターを記述しています。
目次[非表示]

注意

  1. この項目には過度なネタバレと主観的な記述を含みます。 閲覧の際には十分注意してください。それ故に厳密な真偽はご自分の目で確かめる事を推奨します。
  2. この記事は、あなたが最低だと思う悪党を書くところではありません!
  3. 『自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪』の定義はまだまだ未完成です! きちんと記事の悪党を閲覧し、コメントで議論を重ねてから記事を載せて下さい!
  4. なお、定義については親記事を参考にしてください。
  5. 個別項目の長さは『本文:5~10行程度+セリフ:3行以下の3つまで=トータル:10~15行以下』を目安になるべく簡潔にお願いします。
  6. また内容は「主観」を避け、「同業者と一線を画した部分」を重点的に書くと、読みやすくなると思います。
  7. 誤字脱字やリンクの修正などを除く項目追加・項目削除の際はコメント欄と「編集内容」に詳しく編集の意図及び内容を提示して下さい。
  8. 新しいキャラを追加する場合はそのキャラクターが何らかの顛末を迎えていることを条件とします。まだ完結していない作品の場合は特に遵守してください。
  9. 現状、pixivにおいて「自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪」は、本来の「邪悪の一形態の表現」という意味を離れて、単に気に入らない作品やキャラクターを攻撃・中傷するアンチ目的のユーザーに便利に多用されてしまい、扱いの難しいタグとなっているのが実情です。

ここ以外で使用する際は他の編集者の意見も伺う等して、キャラヘイト目的のアンチユーザーと思われないよう慎重に行いましょう。

代表的存在

とある神父の肖像


第6部のラスボス。
押し付けがましい善意で他者の都合を顧みないタイプ。自分の行動が人類の幸福のためになっていると思い込んでいる。その目的のために様々な人間を犠牲にした。

最終的に目的達成あと一歩まで行ったが、ある少年の勇敢な活躍によって、彼の計画は食い止められた。

「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが逆だッ!明日『死ぬ』とわかっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!」
「ヴェルサスッ!おまえごときうすっぺらな藁の家が深遠なる目的のわたしとDIOの砦に踏み込んで来るんじゃあないッ!」

ドラゴンボール

 ドラゴンボール超“未来”トランクス編」より登場した第10宇宙界王神見習いを務めている 界王にして、このストーリーの敵、ゴクウブラックの正体。
極度に潔癖な性格ゆえに度の過ぎて歪んでいった正義感を持ち、過ち・愚行を繰り返す人間という存在に不信感を抱いている。
ゴワス暗殺後、時の指輪の力で超ドラゴンボールが使える時間へ飛んで、「私と孫悟空の肉体を入れ替えろ」と願って悟空の身体を手に入れてゴクウブラックとなり、トランクスのいる未来へ移動して、その世界の自分を協力者にして、彼に超ドラゴンボールの力で不死身の肉体を与え、その世界の界王神(そして対になる破壊神)を殺害し、「人間0計画」を企て、その世界の人々を殺戮していき、その世界の地球に辿り着いた。
自らの独善的なエゴの赴くままに人間だけでなく神々の命までも侮辱し続けた結果、最終的には悟空の「全王から貰ったスイッチ」によって呼び出された「未来世界の全王」の力で未来世界の宇宙諸共消滅させられた。

「私は世界を、宇宙をより美しい理想郷にするべく、人間を排除する。失敗を認めぬ神に成り代わって。」(ゴクウブラック)
「神の偉大な贈り物である知恵を、私利私欲のために利用する愚かで野蛮な生命体が!」(ザマス:未来)
「我が姿は正義……我が姿は世界……。崇めよ、称えよ! この気高くも美しい、不死にして最強の神……ザマスを!!」(合体ザマス:通常形態)
「正義の光よ! 我を打てぇっ!! 悪を滅せぬ弱き神は、不要なりぃ!!!」(合体ザマス:強化形態)
「神が、人間に敗れるなど……あってはならない……ハハハハッ……アハハッ、アーッハハハハハッ……!!!」(合体ザマス:魂)

NARUTO

自分の手を汚さずにうちはイタチに家族同然であるうちは一族の抹殺を命じた人物の1人。
「影から木の葉を守る」という強い意志を持つが、里を守るためならば非情な作戦や卑劣な行動も実行し部下どころか一線を引いた元部下に人質を取って脅迫し現職復帰させたり忠実に動いてた部下を優秀さから危険視し暗殺することも厭わない非情さも持つ。

さらに殺害を強要したうちは一族の写輪眼を道具同然にしか扱っていなかった。(禁術であるイザナギをノーリスクで発動させるため。)

最終的には濡れ衣を着せられたイタチの無念を晴らしに来たサスケの襲撃にあい、『自己犠牲』の心情を全うするように自らの術で自爆した。

「忍びの世のため木の葉のため、お前らは決して生かしてはおかん。」

鋼の錬金術師

本作のラスボスであり黒幕的存在。
元々は普通の人造人間であり、生まれながらに博識で、ホーエンハイムに知識を与え、それを利用して王国の国民全てを賢者の石に変え、王国を滅亡させた。
さらに完全な存在になりたいがためにアメストリスの国民までも賢者の石に変えて取り込む。

最終的に人間たちの猛攻によって賢者の石を使い果たし、神の力を抑えきれずに生まれた場所である真理へと強制的に帰らされた。

「完全な存在になりたいのだ。」
「協力感謝するよ諸君」

キルラキル

七色に発光するオーラを纏う帝王然とした女傑であり、世界のアパレル産業を牛耳る大企業リボックス社のCEO。
その正体は惑星を餌にして繁殖する原初生命戦維の意志を継ぐものであり、生命戦維の為に子々孫々と人間を掌握してきた一族の統領。人間の体すら捨てた、文字通りの血も涙もない糸の怪物。
一応は主人公纏流子鬼龍院皐月の実母だが、その心根に家族愛などは毛の先ほどもない。
産んだばかりの次女に生命戦維移植手術を施して半死状態にさせて破棄し、長女は自我の形成が進んで施術自体が効かないと分かると自分から遠ざけ、実験の発想が失敗だったと二人の人生ごとあっさり人体実験を切り捨てた。
要するに一から十全てを服に捧げ、地球に生きる全ての命を侮辱した合理主義にして完璧主義。命よりも使命第一な悪人。
徹底して全てを見下し利用するため、偽の愛を騙ることで捨てた娘を尖兵へと洗脳したりもした。
しかも彼女の場合、その傲慢さと外道ぶりは己の感情ではなく、全て原初生命戦維の為にこそある。
ゆえに最終決戦に負けて地球を覆っていた原初生命戦維の死滅を悟ると、何のためらいもなく自らの心臓を握りつぶして糸くずに散っていった。
確かに宇宙の何処にも原初生命戦維は漂っているため、戦維の負け自体はありえない。そしてたかが人間に負けてしまった己は欠陥だろう。しかし真っ当な自我を持つならば、次のチャンスだのとあたりさわりのいい言い訳を並べ、自らを護る行動をとるはず。
つまり彼女は人間に似た感情を発露させていたがその実、生き物として破綻した悪魔であったのだ。

「自分の娘を戦いの道具としてしか見ない。私にはお前の気持ち、痛いほどよく分かる。」
「自分の母親を背中から串刺しにするような娘になんの義がある?」

リボックス社のグランクチュリエで上述の羅暁の側近的存在であり、纏流子の実父である纏一身を殺害した張本人。上司の命令を口実に殺人を完全に愉しんでいた
普段はうざかわいいボクっ娘という猫を被っているが、その本性は羅暁に負けず劣らず非情である。特に自分が窮地に陥る(目を潰されたり、腕を切り落とされたりした時)と、その本性が強く明るみに出る。
また、流子の怒りを執拗に逆撫でして暴走させたり流子の善意を踏みにじるという卑劣で悪質な手を使うことも全く厭わない。

最終的には羅暁の命令ひとつで自分の首を切断し、笑顔で昇天して行くという、始末の悪い結末になった。

「どぉ?自分が命を懸けて作った研究で命を絶たれる気分は。最高でしょう?」

ソードアート・オンライン

アリシゼーション編にて登場。
人界の中央に位置する“セントラル・カセドラル”の支配者にして、公理協会の最高司祭。《アンダーワールド》で最も大きな利己心と美貌を持つ。
元は「クィネラ」という名前で、貴族同士の政略結婚によって生まれた少女だった。
かつて神聖術の修行の際に、生物を殺すことで自身の権限レベルが上がることに気づく。それからは人目を盗んで動物を狩り続けて権限レベルを上げ続け、さらに神聖術の式句の解析により天命回復や天候予測などの神聖術を身につけたことで周囲から聖女として崇拝されるようになり、公理教会や貴族などの制度、禁忌目録などを設け自分の絶対権力を確立した。
そんな彼女も「天命」というシステム上の寿命には抗えないはずであったが、執念で現実世界にコンタクトし、偶然その場にいた柳井を取り込み本来であれば決して知り得ないはずのシステムコマンド「全コマンドリスト閲覧」(アンダーワールド内における全神聖術の式句を表示するシステムコマンド)に辿り着き、それを用いて天命を回復させ若返りを果たす。さらにカーディナルからシステム権限の全てを簒奪してアンダーワールドの管理者となるが、その際にカーディナルシステムの基本命令である「秩序の維持」を己のフラクトライトに焼き付けてしまい、結果として人界は数百年にもわたる長い停滞を迎えてしまった
誕生から150年が経った頃、彼女のフラクトライトを格納するライトキューブの容量が限界に達しており、それから逃れるために魂のコピーを行うが、失敗しカーディナルを生み出してしまう。以後、カーディナル対策として整合騎士を作り出すと同時にシステムコマンドで自身の身体に金属の武器が効かないようにし、自身はこれ以上記憶を蓄積することがないようにセントラル・カセドラルの最上階で長き眠りにつくようになった。チュデルキンユージオを連行した際は彼を整合騎士へと仕立て上げる。後にキリトたちが最上階へ辿り着くと、彼らを討伐すべく戦闘に入り、当初は専用の神器「シルヴァリー・エタニティ」やシステム権限を利用して優位に立ち、ユージオとカーディナルを倒すが、キリトの心意によってそれらを打ち破られ、更に夜空の剣と青薔薇の剣の元の素材が金属でなかったことが原因で敗北する。その後は柳井を頼ってアンダーワールドからの逃亡を図るも、生きていたチュデルキンが炎になって纏わりつき、残った天命を削られて完全に消滅した。
自分以外のこの世界の住人達を道具扱いし、整合騎士達の記憶を弄ってまで駒として扱い、愛を「支配」と言い切り顧みることのなかった女の結末が思う存分”愛されて”死んでいくと言う、皮肉な末路であった。

「何故だ?何故そうやって愚かにも運命に抗うのだ?」(アドミニストレータの台詞)
「それだけが…抗うことだけが俺が今ここにいる理由だからだ!」(キリトの台詞)
「ここは私の世界だ…招かれざる侵入者にそのような振る舞いは断じて許さぬ!膝を付け!首を差し出せ!恭順せよ!」(アドミニストレータの台詞)
「違う…貴方はただの簒奪者だ!世界を、そこにいる人々を愛さない者に支配者たる資格はない!」(キリトの台詞)
「愛は支配なり!私は全てを愛する!全てを支配する!」(アドミニストレータの台詞)

関連タグ

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 吐き気を催す邪悪 悪意のない悪意

関連記事

親記事

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 じぶんがあくだときづいていないもっともどすぐろいあく

兄弟記事

コメント