ピクシブ百科事典

概要

中国神話や『山海経』で言及される神々の一柱。

五帝の1人で、少昊と共に西方の極の一万二千里の地を司るであり、少昊の弟とも子供ともいわれ、『山海経』の記述では崑崙山よりも西にある泑山(ゆうざん)という太陽の沈む山を司っていたともされており、沈む夕日が紅い事から“紅光”という別名で呼ばれる事もあるという。

西海を司る神であるといわれているほか、五行思想の考え方から金神にしてを司り、秋の収穫の神ともされている。

また白虎ともされる事もあり、人面白髪で虎の爪を持ち鉞を携えているといわれているほか、『山海経』に記述では左耳にが出ており、二頭のに乗っているとされている。

死神としての性格も持ち合わせており、天の刑罰神としての側面があるともいわれている。

関連タグ

少昊 白虎 三皇五帝 山海経 中国神話

関連記事

親記事

白虎 びゃっこ

兄弟記事

コメント