ピクシブ百科事典

蘇我伊織

そがいおり

蘇我伊織とは、「ビッグコミック」にて連載された警察アクション漫画、及びそれを原作とするテレビドラマ『S-最後の警官-』の登場人物。
目次[非表示]

登場作品

S-最後の警官-

公式データ(原作版)

年齢26歳
身長180cm
体重72kg
出身東京都世田谷区
所属警視庁警備部警備第一課 特殊部隊(SAT)隊員
階級巡査(連載開始時)→巡査長(単行本14巻)
家族父親(姉の事件の影響で仕事を辞め今は千葉で農業をしている。)


人物像(原作版)

蘇我伊織は、神業と呼ばれるほどの腕を持つ狙撃手SATに所属している。
俳優と間違われる程に整った顔立ちと左目尻の下じある二つの泣きぼくろが特徴。

恐ろしいまでの集中力と精神力を持ち、狙撃手としては歴代SAT随一の腕を誇る。その腕前はDSU(ベルギー連邦警察特殊班)が視察した際にも関係者から賞賛の声があがった程。

植物が好きで、姉の事件がある前は生物の研究者に憧れていた。そのためか部屋には数多くのサボテンの鉢があり、大切に育てている。
料理が得意で和食から洋食まで作れる。また写真が趣味で一人で撮影旅行にでかけることもある。

酒も飲むしタバコも吸うが、全て一人でいる時のみ。家には基本的に人を招かない。

猫派。

原作の番外編ではNPSの林イルマと結婚しており、娘が一人いる。



生い立ち


小学四年生の時に姉の佐織が暴行される事件が起きる。(犯人は逮捕。)

高校二年生(七年後)に、出所してきた同一の犯人によって姉が暴行の後に殺害される。(犯人は再び逮捕され裁判の後に刑務所へ収監。)
姉を殺した犯人に復讐するため、植物学者になるという夢を捨て警察官を目指す。

一家で千葉の田舎に引っ越す。

高校三年生の時に病気がちだった母親が他界。


警察学校卒業後、交番勤務。

池袋の刑事課へ配属(元々刑事志望だった)される。
配属早々から立て続けに犯人を検挙し、大型新人としてあちこちの部署で話題になる。

半年後、警察内の射撃大会の成績が注目され、SATの中丸文夫から声がかかる。
中丸と面会し「悪に赦しはいらない」という理念に触れる。

第六機動隊に異動し、射撃の特別訓練員となる。

半年後、SATに入隊。


ドラマ版

テレビドラマでは綾野剛が演じた。
年齢は29歳。
生い立ちはほぼ原作と同じだが、劇中の発言によると家族はいないとのこと。

※詳しくは親記事S-最後の警官-に記載されていますので、そちらを参照願います。

使用しているスナイパーライフルについて

ドラマの劇中で使用されているのは本物のSATでも採用されているアキュラシーインターナショナル社(英国)製の対物ライフル「L96A(ボルトアクション式の狙撃用ライフル)」のAWMタイプ。
情報ソースはこちら→http://ameblo.jp/dragontv/entry-11749479658.html

関連イラスト

蘇我伊織に関するイラストを紹介してください。

蘇我さん




関連タグ

S-最後の警官-』 ビッグコミック
特殊部隊 狙撃手 狙撃銃 スナイパー 警察官 泣き黒子
ドラマ 綾野剛

この記事のカテゴリ

マンガ キャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「蘇我伊織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215374

コメント