ピクシブ百科事典

観自在王院跡

かんじざいおういんあと

岩手県の平泉に藤原基衡の妻が建設した寺院跡毛越寺に隣接している。1189年(文治5年)以後は荒廃し、水田となっていた。

約160×260mの南北に延びる寺域の北部に2つの阿弥陀堂があり中央部に園池があった。

その寺域にある平安時代末期の庭園は1973年(昭和48年)から1976年(昭和51年)にかけて発掘・復元され、「旧観自在王院庭園」の名称で国指定名勝に指定されている。数少ない平安時代の庭園遺構として評価されている。

世界遺産登録

2001年(平成13年)に世界遺産登録の前提となる暫定リストに「平泉-浄土思想を基調とする文化的景観」の一部として記載された。

2008年(平成20年)の第32回世界遺産委員会の審議では、登録延期と決定された。
登録は結局見送られたものの、文化庁・岩手県ではユネスコへの再度の申請を目指し、2011年(平成23年)5月に国際記念物遺跡会議が世界遺産への登録を勧告、

同年6月25日に中尊寺等の他の平泉の史跡4ヶ所と共に、「平泉 - 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」として世界遺産に登録された。

関連

奥州藤原氏・建造主藤原基衡・父藤原清衡
平安時代
岩手県

参考

コメント