ピクシブ百科事典

誠仁親王

さねひとしんのう

誠仁親王とは安土桃山時代の皇族。後陽成天皇の父。
目次[非表示]

概要

正親町天皇の第一皇子、諡号は陽光院

プロフィール

続柄正親町天皇の第一皇子
称号陽光院
出生天文21年4月23日(1552年5月16日
死去天正14年7月24日(1586年9月7日
配偶者新上東門院勧修寺晴子(女房)、典侍局
子女後陽成天皇八条宮智仁親王
父親正親町天皇
母親万里小路房子


経歴

永禄11年(1568年)に親王宣下し天正12年(1584年)に三品、天正5年(1577年)に織田信長は誠仁親王のために二条御所を建立されその後その御所に住んだ。天正10年(1582年)に本能寺の変が発生し信長は死亡し二条御所も襲撃され誠仁親王は禁裏に逃れた。その後は豊臣秀吉の政権入り秀吉が主催した茶の湯に父正親町天皇と共に参加した。天正14年(1586年)に35歳で薨去した。その後は王子の和仁親王が即位し後陽成天皇となり父誠仁親王に陽光院の諡号を贈られた。

外部リンク

誠仁親王 - Wikipedia

関連項目

皇族 後陽成天皇 正親町天皇 陽光院 織田信長 豊臣秀吉

関連記事

親記事

正親町天皇 おおぎまちてんのう

子記事

コメント