ピクシブ百科事典

越前リョーガ

えちぜんりょーが

越前リョーガとは、アニメ映画「劇場版テニスの王子様 二人のサムライ The First Game」及び漫画「新テニスの王子様」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

学年不明
身長180cm
体重67kg
誕生日12月23日(山羊座)
血液型 O型
利き腕
得意技光る打球(デストラクション)
視力両目とも1.4
プレイスタイルオールラウンダー
ラケットWILSON Tour BLX95
シューズYONEX POWER CUSHION25 MEN
趣味昼寝、美味しいオレンジ探し
座右の銘テニスに言葉はいらねえ(南次郎の言葉)
家族構成父・母
委員会なし
得意科目語学
苦手科目座学
好きな色オレンジ
好きな食べ物オレンジ、オレンジ添えチキンソテー→生ハムとオレンジのピンチョス(テニプリパーティー)
好みのタイプ相手の気持ちになって物事を考えられる人
今一番ほしいものラケット→当ててみな(テニプリパーティー)
苦手なもの(こと)雨、餡子、時刻表(テニプリパーティー)
テニス以外の特技ブレイクダンス、世渡り(テニプリパーティー)
声優山崎裕太(映画二人のサムライ)・宮野真守(OVA)


概要

越前リョーマの「兄」を名乗る少年。
リョーマより2歳年上。
リョーマのことを「チビ助」と呼んでいる。

幼少の頃、今日からリョーマの兄貴だと南次郎に連れて来られて、アメリカで生活していた越前家で一緒に暮らしていたが、いつの間にか出て行ってしまい、その後は街から街へと渡り歩いていた。
南次郎からテニスを教わったため、かなりの実力者。
自称「南次郎直伝、本家ツイストサーブ」が得意で、その威力はリョーマのものを上回る。サイクロンスマッシュも短時間で見極め、打ち返した。
その強さを、手塚国光は全盛期のサムライ南次郎に近いかもしれないと評した。

初登場はアニメ映画、「劇場版テニスの王子様 二人のサムライ The First Game」。
映画のオリジナルキャラクターだが、設定を含むキャラクター自体は原作者が連載当初から考えていたもので、まったくのアニメオリジナルというわけではない。

その後、OVAでは、渡米したリョーマが練習中のリョーガを目撃する、という形で登場。
セリフはほとんどなかったが、エンディングなどにも登場している。

新テニスの王子様」にて、U-17合宿の選手として漫画本編に登場。
平等院鳳凰が海外から「拾ってきた」らしく、代表帰国時、精神コーチの齋藤至は知らなかった。
バッジはNo.4。

代表ジャージを着てはいるが、ウェアは映画版のものと酷似している。
名乗り上げた回では映画版の再会シーンと似たようなやりとりが行われた。
上述した映画のエピソードが、原作でどのように扱われているかはまだ不明。

特徴

口癖は「まだまだだぜ」。
少々悪ぶったところのある、茶目っ気ある性格。

オレンジを常に携帯しており、しばしば皮ごと食べている。
プロフを見ても解る通り無茶苦茶オレンジ好き。

越前リョーマに酷似した(リョーマを成長させたような)容貌をしている。
リョーマや南次郎との関係の詳細など、細かなプロフィールは現時点では一切不明。

原作者の許斐剛によると、「性格は南次郎」「顔はリョーマの2年後」「幼い頃、南次郎に家族同然に可愛がられた」とのこと。
ただし、リョーマは茶色の瞳だが、新テニでのリョーガは青い瞳(映画・OVAでは茶色の瞳だった)。

ちなみに、劇場版アニメのノベライズでは、「リョーマが5歳の時に越前家へやってきた」と記されており、血縁関係に関しては書かれていない。
これについてリョーマは、「成り行きで預かることになった」、「リョーガという名前も、南次郎が勝手に付けたに違いない」と予想しているが、正確な理由は知らされてないらしい。

ファンブックで判明したことだがファンタはオレンジ派。
英語が苦手であり、海外にいても出来るだけ話したくはないようだ。

関連イラスト

越前兄弟
リョーガ


おかえり


越前リョーガ
【テニスの王子様/越前兄】10代のエロス



関連タグ

テニスの王子様 新テニスの王子様
越前リョーマ 越前南次郎
越前兄弟(+越前リョーマ












Golden age 318までの内容を含む。ネタバレ注意






















平等院鳳凰「俺の打球は対戦相手を破壊するが、越前リョーガの打球はチームを破壊する」


登場時は日本代表だったが、リョーマが平等院の試合に水を差したせいで合宿所を退去したのに伴い、自身も日本代表を辞退した。その後はリョーマと共にアメリカに渡米し、共にアメリカ代表として大会に出場する。大会が進む中、リョーマが日本代表への未練を捨て切れずにいた所、彼は葛藤の末に日本代表に復帰する事となった。(日本代表総監督の三船入道はリョーマをメンバーに選んでいたので、すんなりと復帰し試合にも参加できた。)

同時にリョーガはアメリカ代表を去り、詳しい経緯は不明のままスペイン代表に移籍した事が判明する。

準決勝でアメリカ代表との試合、スペイン代表はD1・D2共にストレート勝ちし、リョーガはS3の選手として出場。その相手はアメリカ代表の主将であり、リョーマや自身にも絶えず気に掛けていたラルフ・ラインハートであった。

試合の中でリョーガの力が明らかとなった。それは、

『相手の技や能力を喰らい、自分のモノとしてしまう。』

と言う能力である。理由やメカニズムは明かされていないが、リョーガと対戦した相手の技や能力を試合の中で自分のモノとして吸収してしまう。これだけならば凄まじい才能とセンスを感じさせるが、本当に恐ろしいのは『技や能力を奪われた相手は、元々持っていた・出来ていた事が出来なくなってしまう。』と言う要素である。

つまり、リョーガと試合した選手は、選手の持っていた技や能力を失い、自分のテニスを失う(もしくは失いかねない。)戦慄極まりない事実である。
平等院は世界制覇のためにリョーガを引き入れる事の危険性は理解していたが、同時にチームメイトに対して「自分のテニスを失いたくなければ、奴(越前リョーガ)とは絶対試合をするな」と再三に渡って呼び掛けていた。一方の平等院本人はリョーガをチームに入れた事を後悔はしつつも未知なる可能性にも歓喜してすらいる。
しかし、今となってはそんなリョーガをチームに在籍させ続ければ「チームを破壊する引き金(トリガー)だ」とリョーガを危険分子だと感じるようになっている。
上記のセリフも、その危険性を平等院自身とチームメイトに言い聞かせる戒めとして伝えている。弟であるリョーマからも「ずいぶん卑怯なテニスだね」と評し、自分が倒すと宣戦布告するに至った。

かつての育ての親である越前南次郎もリョーガの才能とポテンシャルは大変期待していたものの、リョーガの能力に勘付いたのか、幼きリョーガにこう伝えた。

「リョーマが一端のテニス選手になるまでは 真剣勝負は絶対にするな」

と言い聞かせた。

ラルフとの試合は、リョーガの能力を発揮させラルフの「一度攻撃された弱点が次は得意になる。」と言う能力を喰らい、完全に圧倒してしまう。実際、ラルフも同じコースを攻撃された際は打ち返せなくなり、試合が進むにつれプレイのクオリティが目に見えて落ちてしまった。
それでも立ち向かってくるラルフを一蹴してしまい、試合後にアメリカ代表のメンバーに向かって心の中で別れを告げた。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「越前リョーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2787451

コメント