ピクシブ百科事典

近藤茂一

こんどうしげかず

近藤茂一とは、『キャプテン』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:中尾隆聖長島雄一(プレイボール!)
近藤茂一とは、『キャプテン』のキャラクター。
右投げ右打ちの大型投手関西弁を話す。
墨谷二中の(谷口から数えて)第四次キャプテン。ポジションはピッチャーライト(ただしライトとしては墨二では論外のレベルの下手、加えてやる気もない)。
タイプ的には剛速球&強打者でパワーを活かすタイプ。当初は小技は苦手とされていた。

当初の彼の扱いは、熱血スポ根マンガである『キャプテン』になんかの手違いで入り込んだギャグ漫画のキャラ。彼が1年の時のキャプテンであった丸井の手を散々に焼かせた。特にピッチング以外の練習をうまく回避することに長けていた。
そのピッチングも入部当初は粗さが目立ったが、イガラシの指導により大幅に成長した。
実家は自動車工場を経営。この関係で彼がキャプテンとなってからは父が所有するマイクロバスを試合等の送迎に使っている。父はノンプロで鳴らした経験がある。

性格的には非常に能天気で無神経。ちょっと怒られただけで不貞腐れ、と思ったら次の瞬間にはそれを忘れている。ライトに入ることを嫌がってライトのポジションを馬鹿にするようなことを言ってライトのレギュラーを外された選手の怒りを買う。と入部当初からかなりの問題児であり、丸井・イガラシ両名からはしょっちゅう怒られている。一方でピッチャーに対するプライドは十分に持ち合わせており、1年目の青葉との決勝では肩を壊しながら投げ続けていた。

能力的には中学生離れした剛速球の持ち主で球質も非常に重くバットに当たってもそう簡単には飛ばない。またコントロールも抜群の物を持っており、ほぼ狙った通りの所に投げられるだけのものを持っている。一方、2年次までは変化球は苦手で直球一本やりだった。その後、3年次に軟式ではかなりの高等技術であるカーブボールを投げるまでになっている。バッターとしては見た目・性格通りの三振かホームランかの一発屋。丸井・イガラシ時代はイガラシに続く5番を打つことがほとんどであった。

彼がキャプテンとなってからは、育成型の練習により選手層の厚さを重視しチームを導いた。
谷口以来の少数精鋭主義を大胆に変えたことで、彼の同年生や丸井からは当初、不興を買ったが、彼の構想を知り態度を変えていく。


……3年春の大会を終えたところで作者にドクターストップがかかり、彼の物語は未完となった。

関連イラスト

近藤主将颯爽登場!!



関連タグ

キャプテン イガラシ 関西弁

関連記事

親記事

キャプテン きゃぷてん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「近藤茂一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10114

コメント